手元に残るものがあると、印象に残ります。
また、立候補者本人が不在でも、「本人に必ず渡してください」とメッセージカードを渡すことで、本人に直接訴えることができます。
緊張して上手に話すことができなくても、「書面にしました」とカードを渡して訴えを伝えることができます。

・「自分のことば」でまとめる(メッセージがより具体的に伝わります)
・手書きする(いつの時代も「手書き」の訴える力は強いです)
・3行ほどにまとめる(長いと逆に敬遠されます)
・住所・氏名を記入する(本気度が伝わります)
・可能であれば名刺も渡すこと(身分を伝えると相手が安心します)
・用紙は普通の便箋等でOK