頭に浮かんだことを話しても、相手には伝わりません。
話を聞く側の立場になって、何をどういう順序で伝えるか決めてから訪問しましょう。

ひとつの例を示しますので、参考にしてください。

まずは、身近な話題や雑談から入りましょう。
眞子さまの話題から入るとその後につなげやすいようです。
(コロナの話は別の機会にした方が無難です)

次は、皇室の必要性について、的を絞って伝えてみましょう。
政治家の方でも皇室が果たしている役割を知らない人が多いので、教えてあげるつもりで話しましょう。
重要なことは、聞く側が「そうか、皇室がなくなるとマズいんだな」と思うようにすることです。
切り口は下部のリンクを参考にしてください。

最後に、皇室の危機について伝えましょう。
こういう理由で皇室は滅びの道を歩んでいるということを冷静に説明しましょう。
切り口は下部のリンクを参考にしてください。

理性的に、かつ情熱をもって話をすれば、必ず思いは伝わります!