ポイント
・天皇を「男系男子」に限定したのは明治以降で、伝統とはいえない
・現在は側室制度とセットの制度だが、側室制度はもう日本にはない
・天皇を男性に限定されたままにすると、お世継ぎがいなくなる

天皇になれる資格をはじめて明文化したのは、明治の大日本帝国憲法でした。

歴史上は10代8人の女性天皇がいらっしゃいましたが、その時にはじめて天皇は「男系男子」に限定されました。
当時は側室制度があり、その狭められた範囲でもお世継ぎが絶える心配はありませんでした。

現在の世に側室制度はありません。私たちの感覚から見ても、あり得ません。

一般人の感覚として、子宝に恵まれない夫婦はいますし、男子が生まれないことがあるというのは常識です。

現在の世に側室制度がない以上、明治時代の縛りを残しておいてはお世継ぎがいなくなることは当然の帰結です。