ポイント
・日本は高祖神が女性で、男尊女卑は本来の姿ではない
・女性天皇を法律上で可能にすることは、日本の古来からの伝統に還るだけ
・女性天皇が即位すれば「男尊女卑感覚」はなくなり、国民を明るく勇気づける

現在の皇室では、まだ完全に果たせていないものの、
将来果たすことが期待されている役割として、女性の活躍の促進があります。

日本の象徴である天皇が、女性である愛子さまになれば、
日本は男女問わずトップに立つことのできる男女公平な国であると国内外に表明することが出来ます。

また、国内で未だうっすらと残っていた「男尊女卑感覚」も急速になくなっていくことでしょう。
そして、生まれた時から天皇皇后両陛下の背中を見て育ち、天皇としての振舞いや心構えを自然に身につけた愛子さまが天皇として活躍する姿は、日本国民を明るく勇気づける事でしょう。

日本には古来から女性天皇がいらっしゃり、高祖神が女性という珍しい国です。
男尊女卑は日本の本来の姿ではありません。

男性しか天皇になれないという規定は、明治時代にできた皇室典範という法律で、史上はじめて登場しました。
男尊女卑の感覚があたりまえ、側室があたりまえの時代に作られた規定なのです。

国民の意識は明治時代から大きく変わり、学校でのクラス委員長は男女問わず選出されたり、職場でも女性が上司となる光景があちこちでみられるようになりました。
国民の意識は明治時代の男尊女卑感覚からどんどん変わってきています。

女性天皇という日本の本来の姿に還る、その先にこそ男女ともに輝ける社会があるのです。