ポイント
・天皇の存在が、格差や分断を防ぎ、大きな争いが起こらないようにしている
・日本は、国民の安寧を常に祈る存在が国の最高権威という稀有な仕組みをもっている

天皇・皇室は、格差や分断を防ぎ、社会を安定させてくれる存在です。

皇室は弱い立場の人々を見舞い、光をあてることで格差や分断が大きくならないようにしています。大きな災害が起これば現地に赴き、被災者を癒しています。国の最高権威が、差別解消のために動くことで、身障者などへの偏見を小さくすることができるのです。

また、国内で争いが起こった場合、無私の権威がいることで、争いが収まりやすくなります。

天皇がいなくなると、弱肉強食、私利私欲の格差社会、分断社会がより促進されてしまうでしょう。