日本の皇室はいま、滅亡の道を進んでしまっています。
世界でも王室が消えてしまった例は数多くあります。

上皇陛下は退位にあたり、「象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ」という危機感をお気持ちという形で発表されました。

では、どのような点で危機なのでしょうか。