北海道のさんずいさんより報告です!

事務所訪問した立候補者から、電話が来たそうです!

――――――――――――

先日、議員事務所2か所を訪問したことを報告しましたが、そのうちの立憲民主党の立候補者ご本人から本日朝電話をいただきました!

訪問時に事務所の方にお渡しした名刺を見て電話いただいたと思うのですが、職場への電話で、しかもご本人からだったので驚きと恐縮の気持ちで正直内容をあまり覚えていません。

ただ、「お手紙読みました。ありがとう。」「(高森先生の)本も少しだけど読みました」「これから勉強したい」「また是非事務所に来てください」ということはおっしゃっていました。

選挙期間中のこの大変忙しい時期に、しかも手紙に「選挙区外の者」と書いたにもかかわらず、わざわざ電話いただいたことに驚きましたが、「女性天皇」「女系天皇」の成立を願う私たちの気持ちが候補者本人に届いたことが確認でき、事務所訪問してよかったと改めて思いました。

それと「勉強したい」とおっしゃっていたのはとても印象的で、こういう言い方が適当かわかりませんが、男系ゴリゴリに凝り固まった人でない限り、一般市民が広くこの問題で国会議員に働きかけるのは有効であると認識できました。世論調査では「女性天皇」支持が圧倒的ですからね。

報道の情勢分析ではやや優勢と伝えられていたと思うので、無事当選された暁には今後の活動に期待したいと思います。そして、もし機会があれば、仲間内でで勉強会を兼ねた事務所訪問とかもありなのかなと個人的に思っています。