神奈川のMさんからの報告です!

事務所の描写やメッセージカードの内容も報告いただき、これからの方にとってはイメージを持ちやすいですね。

Mさんは「なぜこのような活動をしているのか」という質問をされたようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

10月24日日曜日に地元の議員の選挙事務所へ訪問してきました。

A候補(自民党)

選挙事務所は、かなり入りづらい雰囲気でしたが
受付の女性の来訪の目的を伝えると
後方からベテランの女性が「私が話をお聞きします」と現れました。

手短に候補者に伝えたいことをメッセージカードに書いた旨と
その関連する書籍をお渡ししたいと高森先生の『「女性天皇」の成立』を託しました。

つぎに
N候補(立民党)
この候補者の選挙事務所は元ファミリーレストランだったところなので
とても広かったです。中に入り来訪の目的を伝えると
同じように別のベテランの女性が「私が話をお聞きします」と現れました。

同様に手短に候補者に伝えたいことをメッセージカードに書いた旨と
その関連する書籍をお渡ししたいと高森先生の『「女性天皇」の成立』を託しました。

10月25日月曜日
朝、出勤の際に最寄りの駅に行くと
立民党の候補者本人がいらしたので、昨日事務所にお伺いして
メッセージと本をお渡ししたので是非ご覧くださいと申し上げると。
「読ませて頂きます」との言葉をいただきました。

10月26日火曜日
朝、出勤の際に最寄りの駅に行くと
自民党の候補者本人がいらしたので、日曜日に事務所にお伺いして
メッセージと本をお渡ししたので是非ご覧くださいと申し上げると。
「なぜこのような活動をしているのか」と聞かれたので
「歴史に興味があり大切にしたいからです」と答えました。

お二人とも、このようなことをされたことが少ないのか
かなり強く印象に残ってくれたように思います。
良い印象であれば良いのですが。

メッセージカードには次のように記載しました。

次期国会で成立を望む事
皇室典範の改正を求めます。
上皇陛下が望まれた皇位の安定継承が実現できるよう
よろしくお願いします。愛子様が皇太子へ、各宮家の女性皇族の方々が女性宮家の当主となれるように
皇室典範の改正を願います。