サトルさんからの報告です!

3つの事務所を訪問にあたり話の流れは練って行ったみたいです。

ハードルは自分から下げることが大事と思ったようで、うまく無理のない範囲で行動されてますね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

訪問内容。3事務所。(自民、立憲、共産)事務所の方のみでした。

以下の流れ
1. 労を労う。
2. 打ち出す主張に関し、認識させられた……考える機会が得られた、再考させられた……など、お話する。(届きました!のみをアピール)

雑談に切り替え、暖まった?ところで、「実は……『私も』○○先生に、お伝えできたらと……」と、話始める。1分程度。(事前に短くまとめる。)

全員、「前のめり」で聞いて頂けた。(事務所の方)

ただ、高森師範の本を渡す際、自民の方……番組で御一緒され、CM中に……の方の事務所の方が「一瞬固まった」(笑)

最後は、「頑張ってください!」と笑顔で。

「御当選されたら、またお伺いしたいかと……御迷惑ですか?」と話し、「ぜひ!」と皆さんに言って頂き、帰る。

以上です。性格の悪さが自分自身嫌になるが(まず、聞いてるよ、届いてるよを強く出して、だから聞いてね作戦)、なにか、スッキリした。

ハードルは自分から下げることが大事……と思いました。