愛子さまと外国語から見える皇室の意思

Post's thumbnail

このような記事が掲載されました。

愛子さま、3か国語マスター計画 スペイン語は陛下の指導も
https://www.news-postseven.com/archives/20200531_1566852.html?DETAIL

愛子様は英語をネイティブに近いレベルで話され、幼少期からスペイン語を習われていて、陛下も指導されているとのこと。

英語、スペイン語が話せれば、ほとんどの国で言葉が通じる。

私もそう思います。
これが何を意味するのか。

陛下は、愛子さまを後継者にしたいと思ってるのではないでしょうか。

陛下の、皇室の意思、そして、愛子さまがその意思に応えている姿を見て、我々国民は何もしなくて良いのでしょうか。

早急に皇位継承の議論を開始しましょう。
そして、愛子さまを皇太子に。

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。