世界地図を見て、愛子さまを想う

Post's thumbnail

先日部屋の掃除をしていたら、
中学校の頃に使っていた社会の地図帳が出てきました。

懐かしいなと思いながら、現代と90年代前半とでは世界地図が違うことに驚愕します。

ソ連の解体やユーゴスラビア解体、
近いところでは南スーダンの独立など、
様々な事情があると思いますが、国家の存続というのは普遍的なことではないのだと感じます。

他国を見て、日本はどうかと考えると、
安定的な皇位継承が危うくなっており、
国の存亡の危機と感じます。

陛下を始め、皇室の皆さまがこの危機を考えていない訳はありません。

そのお言葉・振る舞いから、直系長子継承が良いと考えていることがうかがえます。

そして愛子さまにもそのご意志があると感じます。

愛子さま、皇室の皆さまのご意向に答えるには、何をすれば良いかまでわかっています。

皇室典範を改正し、男系男子継承の縛りをなくすことです。

今までの先人が残してくださった日本を
次の世代に引き継げるよう
我々から声をあげましょう。

愛子さまを皇太子に!


文責 群馬のT

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    ただし

    2020年11月17日

    とても窮屈で、難しく、大変な立場を引き受けて下さっているのですから、その方々のお望み通りにして頂くことが、最低限の礼儀であると思います。

    ふぇい

    2020年10月29日

    ダダさま
    コメントありがとうございます。

    皇室をやっていただいている気持ちを
    私たち国民が常に持ち続けないといけないと強く思いました。

    ダダ

    2020年10月20日

    一般の国民には認められている自由がない天皇というお立場に、
    自ら即位してくださった今上陛下。
    そこには国柄(国家)を継承させたいというお気持ちが見えます。
    とても有難いことです。
    ー愛子さまを皇太子にー

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。