新年のメッセージは新しい時代への扉

Post's thumbnail

宮内庁HP「新年をお迎えになったご一家のご近影(令和3年1月1日)」

元旦に、天皇皇后両陛下が新年のメッセージを出されました。

 宮内庁HP 新年ビデオメッセージ
   https://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/86#276

 初めてHP上の動画を拝見した時、私はとても驚きました。

 てっきり、天皇陛下お一人だけが出られて、メッセージを述べられると思い込んでおりましたので、天皇皇后両陛下が並んでおられ、しかも皇后陛下もメッセージを述べられたからです。

 昨年のコロナウイルスの流行で困窮する国民を、揃って励まそうというお二人のご意思を感じるとともに、皇后陛下をはじめとして女性皇族は決して男性皇族よりも下位の存在ではない、ということを示そうとされているように思いました。

 翻って、昨年11月、政府は皇位継承問題解決のため「皇女制度」創設を発表しました。
 この制度の欠陥については、既にいろいろと指摘されているので、そのことについてここで述べることは控えたいと思います。

 新年メッセージを発せられた両陛下のお姿を想う度、「皇女制度」などという旧態依然とした女性観に基づいた制度を考案する、政府関係者にはガッカリするばかりです。

 皇位の安定継承と日本の女性の地位向上のためにも、早期に皇室典範が改正され、女性皇族の方でも天皇、宮家の当主となられるようになることを、世論を盛り上げてまいりましょう。


 文責 愛知県 たこちゃん

前の記事 
次の記事 

1 件のコメント

    ダダ

    2021年1月14日

    天皇皇后両陛下は、世の中を広く見渡していますよね。コロナ禍でも弱者の存在を決して忘れていません。
    天皇陛下「感染拡大の影響を受けて、仕事や住まいを失うなど困窮し、あるいは、孤独に陥るなど、様々な理由により困難な状況に置かれている人々の身の上を案じています。」
    皇后陛下「この1年、多くの方が本当に大変な思いをされてきたことと思います。今年が皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします。また、この冬は、早くから各地で厳しい寒さや大雪に見舞われています。どうぞ皆様くれぐれもお体を大切にお過ごしいただきますように。」

    皇后陛下は療養中にも関わらず私たちの身の上を案じて頂き、有難いです。
    政府は両陛下のお言葉を聞いて襟を正して欲しいです!

    国民と共に在り続ける皇室。そのためには双系継承・女性宮家創設が必要です。声を上げていきましょう!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。