薪ストーブに薪をくべることより愛子さまを想う

Post's thumbnail

皆さんは寒くなると、薪や灯油ストーブやエアコンなどで暖をとっているのではないでしょうか?

私は冬の寒さを乗り切るためにもっぱら薪ストーブを使います。

薪ストーブを使うとき困るのは煙が出ることで、煙が出て困ることは服や体に燻った香りが染みつくことです。

この話を皇室に置き換えて考えた場合、次のような解釈になるかもしれません。

明治時代の一時期の男尊女卑の感覚を持った人々が、愛子さまが女性という理由で皇位を継ぐことを阻止しようとしています。

側室制度がないことや、旧宮家系の男系男子の皇籍取得に至っていないにもかかわらず、煙の様にまとわりついています。

それを解決するために私たち国民ができることは何かと考えると、煙の対処の仕方と同じで、窓をあけて次々に新しい空気を入れることです。

つまり、皇室典範を改正して、愛子さまが皇太子、そして天皇になることができるように、新しい風を吹かせることです。

皇室典範改正が実現すれば、愛子さまのお子様は長子優先で男の子、女の子を問わず皇位を継ぐことができ、皇位が安定します。

女性皇族も宮家の当主になられると皇族の減少に歯止めがかかり、女性の地位も向上して、日本はより活気のある社会になります。

このことをまだ知らない人たちに伝えるため、このサイトを通して身近な人達と一緒に声を出していきます!

文責 秋田県 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    ただし

    2021年3月31日

     愛子さまが皇太子になられ、みなさまが安心され、性別関係なくご皇位を継がれ、更にみなさまが安心され、女性宮家が創設され皇族方の数が増え、更に更にみなさまが安心され、みなさま気持ちに余裕をいっぱ~~~い持たれて安心~~~され皇室が継続されてゆく☆☆☆ これが1番良いですね♪

    ダダ

    2021年3月26日

    新しい風を吹かせて、男系派の目を覚ましてやりましょう!
    愛子さまを皇太子に!!

    タルト

    2021年3月26日

    まさにその通りですね。窓を開けて、新しい風を吹かせましょう。
    「皇室典範改正が実現すれば、愛子さまのお子様は長子優先で男の子、女の子を問わず皇位を継ぐことができ、皇位が安定します。」
    「女性皇族も宮家の当主になられると皇族の減少に歯止めがかかり、女性の地位も向上して、日本はより活気のある社会になります。」
    私も、希望を持って正しい情報発信をしていきたいと思います。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。