春の畑仕事より愛子さまを想う

Post's thumbnail

雪が融けて春になると私の父は「つまらない毎日だ」と不満を言いながら、

トラクターなどの機械で畑を耕します。

確かに、トラクターなどの機械がなかった昔よりは、楽すぎて

つまらないというのはわかります。

そこで私は、収穫した時の喜びや愛子さまや皇室のことを

思い浮かべながら畑を耕します。

私たちの暮らしは、どうしたら今より良くなるかを考えた結果

トラクターや新しい考えが生み出され、日々、楽になってきています。

皇室の場合はどうかと考ええると、皇位を継ぐことができるのは

男系の男子だけという考えのままのため、愛子さまが皇位を継ぎたいと

お考えになっても継ぐことができません。

そのことを改めるために、私たち国民が皇室典範を改正しようと

声をださなければいけません。

私は近くの人達と一緒に、国民の代表の国会議員の皆さんが

皇室典範を改正し、

現在、男系男子限定の皇位の継承を、愛子さまが皇太子、そして次の天皇になられるように、

更に、女性皇族の皆様も宮家の当主になることができるように声を出し続けます!

文責 秋田県 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    まー

    2021年3月26日

    業務で作業をしていると、行幸後に生産性が上がったというのが実感として理解できます。
    今この瞬間も陛下は国民のことを想っていただけているのだ、そう考えると力が湧いてきて、できそうになかったこともできるような気がしますね!

    ダダ

    2021年3月25日

    時代は変わっていくのに、皇室だけが男女差別・男尊女卑の世界に取り残されています。
    皇室と共に歩み続けられるよう、皇室典範改正を求めていきましょう!

    ろく

    2021年3月25日

    私は次回の選挙は、各候補者が皇統問題につてどのような考えをもっているのか問うてから、投票したいと思っています。その前に皇室典範が改定されていて、愛子さまが皇太子になられるのが決定していたらいうことはありませんが。私も、声を挙げ続けます。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。