ボーカル・マジョリティーに脱皮して、少しでも皇室の力になろう!

Post's thumbnail

神道学者・歴史家・皇室研究者の高森明勅先生が「ボーカル・マジョリティー」という言葉を生み出されました。
https://www.a-takamori.com/post/20191120
「サイレント・マジョリティーは、そのままでは団結した活動的な少数派(ボーカル・マイノリティー又はノイジー・マイノリティー)に敗ける。しかし、マジョリティーが“サイレント”ではなく、自覚的に「声」を挙げ始めれば事態は変わる。サイレント・マジョリティーからボーカル・マジョリティーへ。」

いま、国民の大多数の暗黙の尊皇心に土台(サイレント・マジョリティーを持つ皇室が、ノイジー・マイノリティ(喧しい少数派)によって滅亡の危機にさらされています。

私は、皇室をお護りするため、サイレント・マジョリティーだった自分を変えボーカル・マジョリティになることにしました。
日々、サイ君とボーちゃんの戦いです。

サイ「真っ当なこと言っているから、いつか分かるでしょう」
   ↓
ボー「正しい答えほど世の中に流れない、だから自分から発信しよう!」

サイ「きっちり取り組むには、時間があんまり取れないからやめておこう」
   ↓
ボー「コピー&ペーストでもいい、リツイートでもいいから取れる時間のサイズに合わせて数多く発信しよう!」

サイ「自分がやっても何も変わらないから、できる人にやってもらおう」
   ↓
ボー「傍観で終わっては愚論に与するのと同じだから、小さくても一歩を出そう!」

サイ「当たり前の正論過ぎて、わざわざ発信するのが恥ずかしい」
サイ「マジメなことを真剣に言うと変な人に見られる」
   ↓
ボー「当たり前のことこそ、大きな声で言おう!」

サイ「運動にはアレルギーがあって、特定団体に見られるのが嫌だ」
サイ「少し引いた位置から意見する、かっこいいポジションを維持したい」
   ↓
ボー「自分のことは少しわきに置いて、少しだけでも公のために動こう!」

いま、「安定的な皇位継承を議論するための有識者会議」がようやく開かれようとしています。
これまでのやり方からして、政府が議論の振りだけしてお茶を濁そうとしている可能性は大いにあります。
ここで多数派である私たちが声を上げないと、一生後悔することになるかもしれません。

どうせ出すなら、大きな声、出してみませんか?

文責:千葉県 まー

前の記事 
次の記事 

7 件のコメント

    ろく

    2021年4月6日

    まーさん、皆さんがボーカルマジョリティーになるのには、あと一歩というところの背中を押す優しいコメント、ありがとうございます。
    これを読んでまた愛子さまを応援する声をあげようという人々が増えたことでしょう。愛子さまを皇室の方々をお慕いするみなさんで、この機運を盛り上げていきましょう!

    れいにゃん

    2021年4月4日

    公開中のトムとジェリーでもお馴染みの「心の中の天使と悪魔の声」のようで、興味深い。皇室に失礼にならないかと声を挙げるのを躊躇する気持ちも良くわかります。自分の表現力に自信が持てなければ、共感した言葉の紹介でもいいのですね!

    ただし

    2021年4月3日

    全くその通りだと思いながら、自分に照らし合わせて読むことが出来ました。
    どうもありがとうございます。
    この葛藤、戦うゴー宣道場を背に、普段の職場や日常生活でも起こります。
    ボーカルマジョリティー、そして戦うゴー宣道場、何もやらないのではなく、自分の出来ることからほんの少しずつでも行動に移して、前に進めて行きたいです。

    基礎医学研究者

    2021年4月3日

     興味深く拝見させていただきました。サイレント・マジョリティーからボーカル・マジョリティーへという事を、うまく言語化されていると思いました。確かにまー様いわれるように、「ノイジー・マイノリティ(喧しい少数派)によって滅亡の危機にさらされていると」いうのは大問題でありまして、タビカシ様が先に言われました「声を積み上げていく事≒熱量を伝えていく事」が、まずは重要と思います。

    ダダ

    2021年4月3日

    一人ひとりが何かを成し遂げられる力を持っていると、意識することが大切ですよね。そうしないと他力本願になってしまい、責任を誰かに押し付けてしまいがち。

    私の行動原理はこうです。
    天皇陛下が今日一日に全身全霊を懸けているという事実。
    それを無視して何が国民だ。何もしない自分を私はきっと許さない。
    (たぶん・・・^^)

    タルト

    2021年4月3日

    正しいと思うことでも声を上げるのは勇気が要りますね。
    できるところから始めようという、まーさんの意見は、会話形式で、具体例をあげていただいて、とても分かりやすいです。
    「コピー&ペーストでもいい、リツイートでもいいから取れる時間のサイズに合わせて数多く発信しよう!」なら、誰でも、すぐにできますね。
    私もよいと信じることを積極的に発信していきたいです!
    皇統継承は、直系長子優先! 愛子様を皇太子に!

    タヒガシ

    2021年4月3日

    声を積み上げていく事はとても大切な事ですね。積み上がった声が賛同を呼び大きな世論となって事が動く。
    愛子さまに皇太子になってもらいたい大多数の国民の思いをボーカルマジョリティーにしましょう。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。