長い低迷から新時代へ。オリックスバファローズと皇位継承

Post's thumbnail

オリックスバファローズが25年ぶりにパ・リーグ優勝を果たしました。

オリックスバファローズは平成16年の球界再編で当時のオリックスブルーウェーブと

近鉄バファローズが合併して誕生したチームです。


元々違うチームカラーと言う事もあってチームの歯車が噛み合わず長年低迷が続きました。

しかし中嶋監督の元、投手は山本選手、宮城選手、打者は吉田選手、杉本選手等、

自前で育てた選手が花開き今年見事優勝を果たしました。

そして今回の優勝は合併時の両チームの伝統を継承しつつ完全に一つのチームとしての新しい伝統、

新しい時代への幕開けだと思います。

そしてこれは皇位継承にも言えるのではないかと思います。

今は男系男子しか皇位継承出来ない為に皇室の未来が見えず危ぶまれています。

しかし皇室典範が改正され女性、女系天皇が実現して天皇陛下の長子である愛子さまが

皇太子に即位されたらそれまでの閉塞感が一気に無くなります。

それまでの伝統を継承しながら新しい伝統、

そして新しい時代の幕開け。それには

愛子皇太子の実現しかありません。

文責 兵庫県 タヒガシ

前の記事 
次の記事 

2 件のコメント

    基礎医学研究者

    2021年11月12日

    興味深く読ませていただきました。まず野球の話で恐縮ですが(^_^;)、この2つのチームは、JACKER様がよくブログで引用される野村監督と同世代の名監督かつ好敵手、仰木彬監督が率いていた時代がありましたので、2つのチームが合併したときには、感慨深いものがありました(たぶん、この2つを別々のチームととらえていないのは、個人的には仰木監督の存在が1つの理由なのではないかと思います)。閑話休題
     タヒガシさまの論考から思いますことは、伝統の継承とは柔軟な思考ということだということです。そして、世相の閉塞感がなくなる、というのもその通りで、その第一歩として”愛子さまを皇太子に!”

    ダダ

    2021年11月12日

    そういえば別々のチームでしたが、今のチームをオリックス系やバッファローズ系と捉えているファンは皆無ですよね。
    男系男子限定の皇位継承を固持する限り、そう遠くない将来、皇室は消滅してしまいます。
    皇室から男女差別を無くしましょう!
    愛子さまを皇太子に!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。