眞子さん、小室さんがいよいよアメリカへ

Post's thumbnail

本日11月12日、眞子さん、小室さん夫妻が、14日に日本を離れられるとの報道が

ありました。

時事通信  眞子さん、14日に米国へ 小室さんと出国予定

https://news.yahoo.co.jp/articles/42bef76f6707de727f4cdb4a0ba88337823009c6

お二人が日本を近いうちに離れられることは分かっていたものの、いよいよその日が

迫ってくると、寂しいという思いがこみ上げてきます。

この期に及んでお二人に対するバッシングの嵐が続いていることに、国民としては

非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そのような中で、お二人の結婚のことを良く思わない人のほうが少ないことを示す

調査結果が出たことに少しホッとするとともに、

お二人にもこのニュースが届いているといいなと思いました。

時事通信  眞子さん結婚、4割「良かった」 時事世論調査

https://news.yahoo.co.jp/articles/5daa2062e6cb6b1a90a4ba84ed396c4777e87507

お二人にはアメリカでご自身の思う人生を精一杯送られ、

幸せになっていただきたいです。

私は、これからもお二人を応援していきます。

文責 愛知県 たこちゃん

前の記事 
次の記事 

8 件のコメント

    れいにゃん

    2021年11月14日

    眞子さまは、ご結婚後の記者会見で「国民」とはこうあるべきという姿を見せて下さいました。最後の最後まで、大衆と化した日本国民の為に、ありがとうございました。

    Mano

    2021年11月13日

     再投稿失礼します。長過ぎたせいか、推敲が甘くて誤字に気付けず…。
     短く、訂正箇所のみ。白状な→薄情な、の誤りでした。

     改めて(何度でも)お二方がご無事で旅立たれる事を願い、
    いつまでも文句を並べ立てる人の上には天罰をと思わずにいられません。
     たこちゃんさん、度々お邪魔しました。

    Mano

    2021年11月13日

     ご結婚に伴い、高森明勅先生が眞子内親王殿下から眞子さまと敬称を改められたのにならい、大手を振って(?)眞子さまとお呼びします。
     ご夫妻の渡米の予定が思いの外スムーズに進んだ上、
    最後まで顔も名前も明かさない、理由も言わずに小室氏の母君との婚約を解消し、慰謝料も払わず、明からさまにお二方の縁組を力の限り邪魔し続けた匿名老人と、
    代理人と共に面会され解決金を渡す事で最終的に解決確認とのニュース。

     ご結婚の儀式も、尊いご公務の退職金でもある一時金も無く、お産まれになってから民の為に尽くして来られた国で平穏に暮らせなくさせて、匿名老人はご満足でしょうか。

     お互いを尊重され信頼された姫君とその選ばれしお相手は、晴れて手に手を取って白状な男尊女卑の故郷を民ごと見限って未知の世界へ。
     現代でもおとぎ話の真実は残酷ですね。

     高森先生によれば我々の税金で…と言っても皇室全体に使われる額で国民一人あたり五円程度とか。
     議員の妻一人を当選させるのに政党が一億五千万を出せる癖に、見限られて当然です。

     あらゆるご自身で出来る事をなさって、お二方での旅立ち、鮮やかです。
     様々な困難を乗り越えてのご成婚、お慶び申し上げます。
     会見の席では迷い無く眞子さまが先導され、皇族であった方を差し置いて…等と言う批判をかわす為に身を挺して守ろうとされるご覚悟を見ました。
     お姿は見えなくとも佳子殿下が裏にお控えだった心強さもお有りでしょうが、それが無ければ世間は皆、敵ばかりに見えて立ってもいられない心持ちだったのではと。
     あの凛々しいお姿を見て尚、もっとこうすれば…等と非難する人の気が知れない。

     皇室にお産まれの方が戸籍を持たれた途端に見捨てられる様な、こんな情け無い国民で本当に申し訳無い。

     どんな下衆な民の為にも、祈りを捧げてくださった眞子さまには感謝しかありません。
     信じた方と共にお幸せであります様に。

     

    ダダ

    2021年11月13日

    お二人は民間人です。
    ストーカー気質のマスコミ・非国民は異常というか狂っています。

    眞子さまのご病気が一日でも早く回復し、多くの幸せが訪れることをお祈りします。

    楽進

    2021年11月13日

    眞子さんの結婚が、良くないと言っている人達のことを思ったとき、テレビに出て来る、いわゆる野球ファンを思い出しました。
    いわゆる野球ファンは、例えば阪神は俺の人生だと公言し、勝ち負けに一喜一憂し、掛布雅之さんなど、結婚したから打たなくなったと、ファンから、ぼろ粕に叩かれていました。
    チャンバラトリオのメンバーだった山根伸介さんは、巨人が負けたら、途端に機嫌が悪くなり、テレビを壊していたというエピソードを聞いたことがあります。
    当然、彼等は、当該する球団が勝つと、機嫌が良くなります。
    ファンの人に(これは身内ですが)、選手はその都度トレードやら何やらで替わるし、監督自体外国人雇ったり他の球団から来たり、それって球団オーナーを応援してるのと同じでは無いのかと言っても、当然野球ファンをやめません。
    小室夫妻を叩く人達の心象も同じ様な物だと思います。
    このような人達は、相手にしなければ勝手に一喜一憂しているのですが、今の時代、SNSやマスコミで五月蝿さが拡散されるので、困ります。
    五月蝿いのは、見ない、聞かない、気にしないのが一番良いと思うのですが、アメリカに行くのも、いい手かもしれません。
    佳子さまや愛子さまも結婚して、皆アメリカに移り住むのかなぁと考えたりします。

    だふね

    2021年11月13日

    小室さんと眞子さんがどこ行こうが、どういう人生送ろうが、幸せになろうが不幸になろうが、ご本人たちの自由です。

    …ということがわからない、頭の悪い日本人が多いことに暗澹たる気持ちにさせられます。

    彼らには、自分の身に置きかえて考えてほしいです。
    結婚のことであれこれ口出しされ、「右に行けばこうなる、左に行けばこうなる」と、そういう「大きなお世話」を言われ、国内のどこ行っても好奇の目で見られ、それでも反論ができない…。
    そういう立場に、あなたはなりたいですか?

    「雑音を遮断したい、日本を出て平穏に暮らしたい」と願うのは無理からぬことです。そして、小室さん夫妻はそれが可能にできる力を持った方々です。
    で、またまたこのことに、小人どもは嫉妬を募らせるんだろうなぁ。
    「何がアメリカだ、何が弁護士だ。どれだけ優秀でも、金銭トラブルという瑕疵がある以上認めねぇよ」と、ネチネチと永遠に。
    認めるも認めないも、だれもそんな人、相手にしないのですが。

    というわけで、こういう連中はもう小林よしのり先生に任せて、お二人はアメリカでラブラブな新婚生活を送ってくださいね(*´艸`*)

    いつか、小室さん夫妻をバッシングしていた連中が一斉に土下座する日が来ますように。

    基礎医学研究者

    2021年11月12日

    そうですね、たこちゃんさまの言う通りかと思います。自分も海外に行かれましても、お二人を応援しております。お幸せに!

    ふぇい

    2021年11月12日

    海外に行かれても
    応援し続けます!
    ありがとうございました!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。