眞子さまのご結婚に対する弁護士のアンケート結果より皇室をおもう

Post's thumbnail

11月7日、ネットで
眞子さん結婚「今の日本は誹謗中傷の全盛期」「新しい皇室の有り方、議論を」弁護士の声
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa22c7cc58ffcc70d2c75e41561f19a90fc443a5

という記事をみかけました。

この記事によると、
弁護士ドットコムという会社が11月2日から5日にかけて秋篠宮家の長女眞子さんが10月26日に小室圭さんと結婚したことで登録弁護士にアンケートを実施したことがわかりました。

それと結婚についての感想や皇室・皇族のあり方など、自由回答欄でコメントを募ったところ、
「外野に害されず、幸せな家庭を築いていって」
「世間という訳の分からない意見を無視して」 など、多くの弁護士が祝福の言葉を寄せたこともわかりました。


他にも「現在の日本は、誹謗中傷全盛期で、今後は、開示請求が簡便になったり、ウェブサイトの自主規制の強化や刑事罰の厳罰化などで、徐々にではあるが減少していくと思う。未来には、小室夫婦の批判がとんでもない状況であり、重大な権利侵害であったという世の中になっていくと考える」


以上のことを読み、小室さんご夫婦は周りから何を言われても自分たちの幸せを追い求めていってほしい。


それと、木村花さんが自殺に追い込まれた事件や、上皇后陛下や皇后陛下、眞子さまが事実と異なる報道によって言葉がでなくなったり、適応障害やPTSDに追い込まれたように反論できない、反論の声が少ない現状で自分ができることを見つけて、良い方向に変えていきたいです。

文責 秋田県 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    チコリ

    2021年11月20日

    「未来には、小室夫婦の批判がとんでもない状況であり、重大な権利侵害であったという世の中になっていくと考える」
    未来になってしまうんでしょうね。
    ただただ、申し訳なく情けなくやりきれませんが、自分のできることを見つけてやっていくしかないのでしょう。

    urikani

    2021年11月19日

    若いお二人を、これでもかと誹謗中傷する様子に、日本はもうダメだ…と絶望感に苛まれたこともありましたが、希望を捨てず、再生の道を模索していきます。愛子さまを皇太子に!を、実現出来れば日本は良い方向へ向かうのにな〜
    (*´ω`*)

    基礎医学研究者

    2021年11月18日

    非常に興味深く読ませていただきました(法を象徴する”天秤”の写真にもセンスを感じました)。正直、眞子様ご結婚に関しては暗澹たる思いしか感じなかったのですが、法のプロである弁護士の方々がこのような見解を出されることに、一縷(いちる)の望み(希望)を感じた次第です。
     そして、タカさまが引用されました「現在の日本は、誹謗中傷全盛期で、今後は、開示請求が簡便になったり、ウェブサイトの自主規制の強化や刑事罰の厳罰化などで、徐々にではあるが減少していくと思う」ときまして、”未来には、小室夫婦の批判がとんでもない状況であり、重大な権利侵害であったという世の中になっていくと考える”、激しく同意であります。

    ダダ

    2021年11月18日

    私は記事にある「現代における天皇制は、たまたま皇室に生まれた少数の人たちの犠牲のもとに存在する制度であると感じた」が印象に残りました。
    一般社会で刑事罰が厳格化されても、皇族が例外のままでは事実に基づかない誹謗中傷が続いてしまいます。
    皇室は望んでいないと思いますが、皇族への不敬罪について議論があってもいいのではないでしょうか。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。