幸せな愛に巡り合えますように

Post's thumbnail

愛子さま、お誕生日おめでとうございます。

20年の歳月、それは愛子さまだけでなく、

ご両親にとっても、どのようなものだったでしょう。

私も、子を持つ一人の母親です。

自分の子どもが20歳(はたち)になる――

親として、どのような気持ちになるものなのか。

未来が1日ずつ訪れて、現在は1日ずつ過去になる。

子どもが1日1日、日々を重ね、迎えた「20年目」。

たしかに、一つの区切りになりえるかも知れません。

天皇皇后両陛下も、ただ一人のお子さまのご成年に、

感慨深いお気持ちを抱かれていることでしょう。

愛子さまの歴史の始まりは、ご両親が出会われたところから。

皇太子時代の天皇陛下が、雅子さまを見初められた。

陛下が雅子さまを一途に想い、純愛を貫かれた。

雅子さまも、その想いに心を動かされた。

愛子さまも、おそらくそう遠くない未来に、

誰かとともに生きる道を選ばれるでしょう。

奇跡的に出会い、愛を分かち、寄り添い合える人と。

その時の日本がどうなっているかわからなくても、

愛子さまには、どうか一人の女性として、

幸せな愛に巡り合っていただきたい。

それが私の庶民としての、臣民としての切なる願いです。

重ねて申し上げます。

愛子さま、お誕生日、まことにおめでとうございます。

文責 奈良県 だふね

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    ダダ

    2021年12月2日

    天皇・皇族の犠牲の上に成り立つ、国民の幸せなんてオカシイですよね。
    愛子さまには幸せになって欲しいです!!

    基礎医学研究者

    2021年12月2日

    非常に共感を持って読ませていただきました(完全にお父さん目線です(;^_^A
    自分のような庶民のレベルでも、だふねさんがここで言われますように、成人になったら、親として確実に娘の巣立ちを意識しないわけはなく、おそらく様々の感情が脳内を走ると思います。でも、やはり親としては、娘には幸せになってほしい、と最終的には、願うものです。
     そして、愛子さまには、当事者以外の外野の意見に惑わされることなく、かけがえのない人に巡り合ってほしいと思います(私たち、国民は必ず祝福します!!)

    ねこまる

    2021年12月2日

    愛し合える相手と巡り会う。
    とても素晴らしく、そして難しい…。
    だふねさんのおっしゃる「臣民としての切なる願い」に同意します。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。