愛子様の御尊父 天皇陛下の御印

Post's thumbnail

天皇陛下の御印は梓(あずさ)です。

「梓」とは
ヨグソミネバリ(カバノキ科の落葉高木)や、
キササゲ(ノウゼンカズラ科の落葉高木)
という樹木の別名です。

冒頭の写真はキササゲです。

梓の御印は香淳皇后がお考えになり、
上皇陛下ご夫妻で決められたようです。

昨年、天皇陛下御即位記念貨幣として
発行された
一万円金貨の表面には
鳳凰(ほうおう)と瑞雲(ずいうん)、

五百円銅貨の表面には
高御座(たかみくら)が
それぞれあしらわれ、

裏面には両貨幣ともに
菊花紋章と、
天皇皇后両陛下の「お印」である
梓とハマナスがあしらわれています。

天皇陛下の御印には
上皇陛下と上皇后陛下の
お気持ちが込められ、
その尊いお気持ちが
愛子様にも繋がっているのだと思います。

愛子様が皇太子になられる事が
自然だと思う国民が多いのは、
極めて当然であると思います。

文責 北海道 sa

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。