愛子様の物語は始まっています

Post's thumbnail

感謝してもしきれない程に、
天皇の職務を全うしてくださった
上皇陛下。

上皇陛下、上皇后陛下に育てられ、
天皇に即位するや否や
何年間も天皇で在られたかの様な
威厳を示された今上陛下。

敬宮愛子内親王殿下は、
頼もしい天皇陛下と
皇后の雅子様に育てられました。

自分はそのような一連の流れを
見、聞き、知る事によって
皇室のエートス、エッセンスが、
愛子様に受け継がれていると
確信しました 。

しかし現在皇太子は
存在していません。

男系継承という
近代の遺物のためです。

男である事が
それほど 重要でしょうか?

天皇から皇太子、
皇太子から皇孫と
育まれてきた過程の方が
格段に重要では?

なぜなら
過去から未来へと
紡がれる歴史物語を、
そこから感じ取ることが
出来るからです。

愛子様を差し置き、
男系という繋がりだけで
現在の皇室から
600 年も離れた一般人を連れてきて、
いったい何が
継承されるというの でしょう 。

多くの国民は、
愛子様がお痩せになれば心配し、
福々しくなられれば安心し、
ハキハキとおっしゃる姿に
成長を感じました 。

愛子様の物語を
既に見始めているのです。

自分も、
古事記の天照大御神
(アマテラスオオミカミ)、

素戔嗚尊
(スサノオノミコト)、

大国主命
(オオクニヌシノミコト)

の成長物語と同じように
愛子様の物語を見ています 。

愛子様が
皇太子になられることを
切願します。

文責 新潟県 JIM

前の記事 
次の記事 

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。