愛子さま・皇室と相撲、共通する姿勢

Post's thumbnail

愛子さまは小さいころから相撲が好きでいらして、
平成18年9月、平成19年9月、そして令和2年1月に大相撲を観戦されています。

令和初の天覧相撲では、説明役の八角理事長(元横綱北勝海)に
熱心に質問される愛子さまの姿があったとのことです。
今回ご覧になった相撲は、様々な経験を積んでこられて
5歳の時と感じ方が異なる部分もあるのでは?
と拝察します。

相撲(相撲道)は武道であり、大事なのは「姿勢」です。
姿勢がぶれると重心がぶれて、技にキレがなくなってしまいます。
逆に姿勢の良い技は力強さと美しさを兼ね備えています。

この姿勢は、いろいろな物事に共通することだと思います。
それは皇室の方々の、日々示されているご姿勢についても同じこと。

天皇皇后両陛下が、愛子さまを一番近くで育てられている「姿勢」

愛子さまが、陛下と同じ学習院大学に進学されている「姿勢」

秋篠宮さまが、宮中祭祀に、(祭祀の後継者としてでなく)
あくまでも一皇族として「参列」されているという「姿勢」


目的を果たすためには、正しい「姿勢」を取らなければなりません。
逆に言えば、「姿勢」の中にその意思が込められているとも言えるわけです。

我々は皇室の皆様が示されている姿勢
きちんと受けとめなくてはいけないと思います。

愛子さまを皇太子に!

愛子さまを応援しています。


参考記事
愛子さま熱心にメモ取り 令和初の天覧相撲(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020012602000117.html


文責 群馬県在住ふぇい

前の記事 
次の記事 

2 件のコメント

    ふぇい

    2020年5月18日

    ニセただしさま
    コメントありがとうございました(^^)
    こちらも姿勢正しく
    #愛子さまを皇太子に
    盛り上げていきたいと考えております。

    今後ともよろしくお願いいたします☆

    ニセただし

    2020年5月16日

    「姿勢」
    目から鱗が落ちました。

    どうもありがとうございます。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。