愛子天皇!日本に栄あれ!

Post's thumbnail

デイリー新潮「愛子天皇」「女性宮家」否定の民間研究会 皇室問題の重鎮参加で波紋

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200510-00626319-shincho-soci&p=2

「皇室典範第1条 男系男子が継承する」は、明治の皇室典範の踏襲で、側室制度が前提となっています。皇后に男子が生まれなければ、男子誕生まで側室に産んでもらうという制度です。明治の人はよくわかっていました。

側室制度がなければ「男系男子」の皇位継承は難しい。と。

もちろん「側室制度」の復活はありえませんね。

そこで、「元皇族の男系の男子子孫の皇族身分の取得」「現宮家の養子」案が浮上したのでしょう。

「皇室典範第9条」には 「皇族は養子をとることができない」とあります。これは、聖域に育った人と俗世間で育った人との線引きを明確にするためのものです。 

 聖域に育った人は、そのための特別な教育を受け、ご自分を厳しく律しなければなりません。天皇陛下も小学生の頃、書けなくなるくらい短くなるまで新しい鉛筆を買ってもらえませんでした。

「自分を厳しく律する」・・俗世間で生きてきた人ができますかね? 

他国を下品な言葉で誹謗中傷などもってのほか。スキャンダルも論外です。

天皇は、政事とは全く関係のない次元にある存在です。また国の品位を代表する存在です。

天皇がご訪問なさった国の方々は、日本の天皇を高く評価しています。

ローマ教皇も、天皇陛下の御即位の時には、祝福のメッセージを寄せました。

私は愛子天皇を切望します。日本のために天皇は必要です。そのためには安定した皇位継承が必要なのです。

皇位継承者が男系男子でなければ皇室も日本も終わる?!

日本はそんな迷信の国ではありません。 

皇祖神は天照大神です。日本の歴史の中には、女性天皇も存在しました。

むしろ皇室も時代とともにしなやかに変化し、

愛子天皇が誕生する。

これこそが今の時代にふさわしいあり方なのです。

文責:京都市 ユディト

前の記事 
次の記事 

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。