愛子さまが皇太子になれないことを海外の方にも知ってもらおう その②

Post's thumbnail

新年をお迎えになったご一家のご近影[出典:宮内庁ホームページ]
https://www.kunaicho.go.jp/activity/gokinkyo/newyear/r02-0101-ph.html

こんにちは。ゴーです。

「愛子さまが皇太子になれないことを海外の方にも知ってもらうその①」に続き今回も英語でブログを書きました。

日本の皇統問題につきまして、海外の方も含めて、より多くの方に一層知って頂けることを切に願っております。

Why Princess Aiko could not become the Queen

There is another big reason why I want Princess Aiko to be the emperor. Japanese imperial family tradition is originally a twin lineage. There is a little demonstrable evidence that the emperor of Japan has been a man of male ancestry since ancient times. Rather, a great deal more evidence has been presented to refute it.

For example, one of the causes of the current crisis was the extremely limited number of people who could become emperor during the Meiji era. They limited the emperor to an excessively narrow scope. Five restraints were imposed on the emperor’s successor. Among them, two conditions involve major problems. There are two conditions: (1) you must be of male descent and (2) you must be a male.

Both (1) and (2) were clarified in the Meiji era. The excessive narrowing of the scope of who can become emperor is the cause of today’s crisis. Moreover, it is not because of the emperor’s tradition that (1) and (2) were clearly written, but because of the strong discrimination against women among the people at that time (Meiji period), and the legislators simply pandered to this trend.

Don’t you think that the text of the law should be amended immediately to respect the current national consciousness (gender equality)?

Written by Go (from Hyogo)

(文責: 兵庫県 ゴー)

1 件のコメント

    l_k

    2020年5月30日

    ①に引き続き、ご投稿ありがとうございました。
    今回のは①より難しかった(^^;)

    男系男子が天皇の伝統ではないということ。
    男系男子に限定することを明文化されたのは明治以来のことでしかないこと。
    当時の日本の男尊女卑的感覚がこのような縛りを加えてしまい、今の危機につながっていること。
    現在の皇位継承資格には5つの縛り
    (皇統に属していること、男系であること(1)、男子であること(2)、嫡出子であること(愛人、側室の子ではダメ)、皇族であること)
    があるが、男系、男子がいらないじゃないかということ。
    ですよね?ですよね?

    男系男子というちっちゃなことにこだわらずに、連綿と受け継がれてきた皇統の流れ、同時に併せて受け継がれてきた天皇の民への祈りに思いを馳せれば、愛子さまら女性皇族と、民間の男系男子のどちらを選ぶかは、おのずと答えが出てくることだと思います。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。