皇室と蚕

Post's thumbnail

出典 宮内庁HP ご給桑をなさる皇后陛下(紅葉山御養蚕所)
https://www.kunaicho.go.jp/page/gonittei/photo/19266

養蚕の歴史は5000年以上前からあると言われており、皇室が成立するよりももっ
と前から人の手によって行われていました。

その蚕について本年の5月末に、皇后陛下 雅子様による御養蚕始の儀、給桑作業が初公開されました。

https://www.asahi.com/articles/ASN63334YN5VUTIL043.html

明治時代に皇室による養蚕が復活し、以降歴代の皇后がこの儀式を継承し現在に至っています。

元来動物好きの皇后陛下は昨年より蚕を実際に手に取りながら、この儀式に対しても強い意欲を持って向かわれていたとも伝えられています。

そしてこの養蚕、皇后陛下だけではなく愛子様にも受け継がれています。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.jiji.com/amp/article%3fk=2020061200974&g=soc

愛子様が赤坂御所で飼育されている蚕の画像も最近、宮内庁から公開されました。

小学校の授業で育てて以来、毎年飼育を続けられているという事です。

このニュースを見て、養蚕が5000年かけて人から人へ受け継がれてきたように、愛子様の動物への思いや皇室の歴史的な感覚も、母親である皇后陛下を通じて受け継がれているのであろうと思いました。

皇室の聖域性、皇室が親と子を通じて連綿と繋がってきた歴史を、改めて感じさせる様な出来事でした。

文責 東京都 ルーツ

3 件のコメント

    秋田のタカ

    2020年7月2日

    蚕=桑の葉っぱを食べる=自分は桑の実を食べるということが頭の中で思い浮かびました。
    以上から食べる部分は違えどどちらも桑にお世話になっている家族のようなものかなと思いました。
    それと側室なくして男系男子と女系女子に限定せず、天皇陛下から愛子様へ安定して皇統が続いていけるように自分ができることから頑張ろうと思いました。
    以上、ルーツ様の文章を読んで色々思い浮かびました、誠に有り難うございます

    タルト

    2020年7月1日

    万葉一統ですね。お一人ずつバラバラではなく、ご家族、御一族が一つの聖域に生活され、歴史伝統を継いでいかれる。それが二千年以上続いてきたことが、本当に素晴らしいことだと思います。蚕の幼虫が葉をかじるショリショリという音に、愛子さまも耳を傾けていらっしゃるのでしょう。

    ナクラ

    2020年7月1日

    本来であれば、将来天皇になられる愛子さまは、皇后の仕事である養蚕を受け継ぐ立場ではないと、私は思っています。
    それより重要なのは、愛子さまの養蚕の写真が公表されるタイミングの前に、天皇陛下が雅子皇后陛下の養蚕の仕事を手伝われたことが伝わりました。
    このことは、天皇ご一家のなかでは、立場はあるものの、仕事に関しては、男女の区別はしないことを示していると思います。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。