愛子さま皇太子ご即位を1日も早くお祝いしたい

Post's thumbnail

令和元年5月1日、私達家族は、車を2時間半ほど走らせ東京へ行きました。
目的は、令和初の御朱印集めでした。

妻は本当は明治神宮に行きたかったようですが、とんでもない行列になっているのが目に見えていたので、東京タワー大神宮を皮切りに、都内数ヶ所の神社を巡りました。

東京タワーもやはり長〜い行列で、2時間ほど並んでやっと記念のペナントと御朱印を手に入れることができました。

その後も行く先々、令和の御代替りをお祝いする人たちでいっぱいでした。
また、所々で警官や機動隊が周囲を警戒したり、バリケードで交通規制をしたりしていて、「ああ、近くに天皇陛下、皇后陛下がいらっしゃるんだなあ。」と、なにか嬉しい気持ちになりました。

平成28年(2016年)8月8日、今の上皇陛下(明仁天皇陛下)が、ビデオメッセージを公表されてから3年近くをかけてようやくこの日を迎えられ、上皇陛下、上皇后陛下もさぞお喜びだったのではと思います。

ところが一方で、いわゆる保守といわれる人達が、公然と上皇陛下のご意思を踏みにじろうとしました。
その暴挙はいまだに信じ難く、絶対に忘れる事ができません。

彼らはいまだに女系天皇に反対しています。
中には、自らも女性でありながら、強硬に女系天皇反対を唱える者もいます。
ほんの一握りの保守を自称する人達が、「男系絶対」を叫びながら皇統の危機を招こうとしています。

しかし愛子様が皇太子になられることは、もはや国民の総意といっても過言ではありません。
上皇陛下、天皇陛下をはじめとした皇族方の強いご意思を、我々国民がしっかりと受け止め支えることができれば、近い将来必ずその日が来ると信じています。
畏れながら、その時にはまたなるべく近くでお祝いさせていただきたいと思います。

文責 静岡県 茶呑みじじい

4 件のコメント

    茶呑みじじい

    2020年7月28日

    くりんぐ様
    コメントありがとうございます。
    先日、高森先生が出演した「そこまで言って委員会」を見ましたが、居丈高に声を荒げて、論破しているつもりの自称保守連中を見ていると、絶対に彼らには尊皇心のかけらもないなと確信します。
    皇室の末永い繁栄を願う国民の一人として、ほんの少しの勇気を奮って声を上げて行きたいと思います。

    くりんぐ

    2020年7月26日

    男系継承を支えた側室制度の復活が不可能な今、女系天皇を認めるのは皇位の安定的継承のために必要不可欠です。

    自称保守の方々にとって大切なのは、自称保守という世間での自分の評判であり、天皇陛下や上皇陛下のお気持ちではありません。
    この人たちの声を小さくするには、敬宮さまを皇太子にと強く望む声を大きくしていくことです。
    それが日本国民の責務です。

    茶呑みじじい

    2020年7月22日

    ふぇい様
    コメントありがとうございます。

    私も微力ながら、声を上げてまいります。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    ふぇい

    2020年7月22日

    茶呑みじじいさま
    投稿ありがとうございました(^^)

    愛子さまを皇太子に
    皇室の皆さま、国民の総意として
    大きな声を上げてまいりましょう!
    今後ともよろしくお願いいたします☆

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。