小坂鉱山より愛子様を思う

Post's thumbnail

私の地元 秋田県には小坂鉱山(小坂町)があります。

小坂鉱山の歴史を調べますと1861年に発見され、1902年に黒鉱自溶製錬を本格

的に操業して足尾・別子とともに日本三大銅山と称され、1907年には生産額が日本一になったそうです。

現在は閉山してしまいましたが、跡地では廃家電等から金、銀、銅、鉛などおよ

そ20種類の有価金属を回収し、製品化しているそうです。

鉱山が栄えていた当時を偲ぶ代表的な建物として、小坂鉱山事務所がございます。

小坂鉱山事務所は、ルネサンス風の華麗な外観で、正面中央のイスラム風といわ

れるバルコニー付きポーチがあります。

話は変わりますが、現在の日本では男系の男子しか皇位継承がゆるされていません。

小坂鉱山事務所の外観がルネサンス風だと知って、ルネサンスという言葉から、

もう一度性別に関係なく皇位継承ができるように「復興」すべきと、私は思いました。

現に、古代、孝謙天皇(重祚して称徳天皇)のように女性が皇太子や天皇になるこ

とや、元明天皇から元正天皇への譲位のように母から娘への女系継承が行われました。

よって、愛子様が皇位を継いではいけない理由などありません。

天皇陛下に愛子様という立派なお子様がいるのに皇太子にも天皇になることがで

きない現在の男系男子限定継承の皇室典範を今すぐ改正し、

愛子様が皇太子となられ、天皇にご即位され、更に愛子様のお子様が性別に関係なく皇位を継承されるよう、

私はこれからも愛子様を応援していきます。

文責 秋田県 秋田のタカ

参考

小坂まちづくり株式会社
http://kosaka-mco.com/publics/index/89/

小坂精錬株式会社
https://dowa-kosaka.co.jp/?id=top_company

前の記事 
次の記事 

2 件のコメント

    秋田のタカ

    2020年9月8日

    チコリ様の平和な日本あってこその私たちの日常は天皇陛下はじめ日本の全国民が助け合って築き上げていると私は思っています。

    どうしたら男尊女卑の考えの人たちや、男系にこだわる人たちや
    皇室に無関心な人たち、マスコミの人たちに側室制度無しで男系男子限定で皇位を継承しなければいけない大変さを知ってもらえるか、

    例えになるかわかりませんが、男尊女卑の人たちや男系にこだわる人たちや皇室のご活動がわからない人たち、マスコミの人たちや全国民には一度、自宅などで女性がするものだと思っている家事や出産の疑似体験、皇室のご活動を実行してもらい、「女性や皇室の皆さんは私たち国民のためにすごく大変な思いでご活動しているんだ、ありがとうございます、今すぐ、愛子様がご結婚される前に皇室典範を改正し、愛子様が皇位を継げるようにしましょう!」とマスコミや身の回りの人に発言するようになってほしい。

    それから、皇位は男系男子限定の人たちの中には、そう言っておかないと生活できない人たちがいた場合、自宅で自分が食べる分のお米をバケツなどで育てたり、野菜を育てるようにしたら、まわりの意見に流されず、自分の思っていることを言うことができるのではないかと思いました。

    以上、社会的に未熟で、文章を書き慣れていないために書き間違い、的外れことが書かれていましたらごめんなさいm(__)m

    チコリ

    2020年9月7日

    国民の多くは漫然と、皇室は安泰と思っていて、一部の男系固執派の為に皇室の存続が極めて困難な状況にあり、カウントダウンで国難が迫っていると言うことを知らないと思います。

    そもそも私自身が、そんな一大事を国が放置するわけない、とずっと思っていたからです。
    しかし、その根が、男尊女卑にある、と言うことがわかるまで、かなり時間がかかりました。
    私の環境が男尊女卑があまりに当たり前になっていて、気がつけなかったこと、
    そして国の一大事が、男尊女卑でないがしろにされるとはとても思えなかったからです。

    私はこのことを、ゴー宣道場で繰り返し議論されることで
    漸く理解でき、その現実にあまりに衝撃を受けました。

    男系に固執している人々は、本当に国を思っているのではなく、男系でなければならない、男系以外は絶対に認めてはならない認めたくない!という、駄々っ子に過ぎません。(根底が無意識に男尊女卑なのでしょう)

    まずこの事実を大きく報道し、国民に知らしめることこそ、マスコミの義務だと思います。

    平和な日本あってこその私たちの日常なのに、
    わたしたち国民のためにお祈りしてくださっている天皇陛下、皇室の方々に無関心で、失ってから悔いても二度と取り戻せないことを知ってほしい。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。