コロナ禍の中、愛子さまの事を考えます。

Post's thumbnail

日本では今年1月から「新型コロナ騒動」が始まり、
4月7日から緊急事態宣言が出され、
5月25日に解除となったものの、
9月になった現在でも混乱が続き、
日常生活に不具合を抱えている方が大多数と思います。

大学生になられた愛子さまは
遠隔授業を受けられているとのことで、
まだ大学生らしい生活を
送られていないとお察しします。

この「新型コロナ騒動」のため、
私は外出や旅行など、
例年より行動が窮屈になりました。
が、何処かに行こうと思えば
体調に気をつけて行けなくはないです。

そして、
愛子さまはどうなのかな?と考えたら、
「コロナ騒動」があろうがなかろうが、
自由に出かけることはできないですし、
皇太子になりたいと思っていても、
現在の皇室典範ではなることができないのです。

私たちが考えるよりはるかに制約が多い中、
私たち国民のために努力していただいている
陛下、愛子さま、皇室の皆さまの為、

ご希望は何かを拝察しながら
そのお気持ちを叶えるのが
国民の責務と考えます。


皇室の皆さまが望まれている
安定的な皇位継承のため、
神道学者の高森明勅先生が書かれてるように

皇統問題の「前提条件」
https://www.a-takamori.com/post/200903


側室不在、非嫡出による
継承否認の前提条件を守りながら
皇位継承をしていくには何が大事かを考え、
早急に国会で議論が始まるよう、
まず私たちが声を上げて行きましょう!

安定的な皇位継承のため
愛子さまを皇太子に!

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

2 件のコメント

    ふぇい

    2020年9月7日

    チコリさま
    コメントありがとうございます(^^)

    前政権が終了これから先、必ず潮目が変わります。
    是非一緒に声を上げ続けてください☆
    よろしくお願いいたします!

    チコリ

    2020年9月7日

    国の為、国民の為にやって頂いている、と言う観点を絶対に忘れてはいけないと思います。
    もし自分だったら出来るのか?と考えれば、すぐわかります。

    「お気持ちを拝察しながら、そのお気持ちを叶えるのが、国民の義務」 本当にそうですね。

    もう先延ばしは出来ません。
    国民が声をあげ、国民の力で、一日も早い国会での議論を
    実現致しましょう!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。