天皇が居なくなった日本を考えてみよう

Post's thumbnail

先日、友人達と飲み会の席で
皇室の話題になりました。
その中の1人は男系男子固執派だったので
側室制度がない今は安定的継承が難しい
という説明をしたところ、
それは理解してくれたのですが彼は、

「伝統が守れないなら皇室が無くなっても仕方ない」
「そもそも天皇が居なくなっても俺も日本人も変わらない」

と言うので、天皇が居なくなったら
首相や大臣を任命する人が
居なくなる訳だから
日本が機能しなくなると
説明したのですが

「そういうシステム的な話じゃなくて」

と言い出し納得がいかない様子でした。

気まずい空気が流れた所で
他の友人が話題を変え、
そのまま飲み会は終了。

その後、帰り道に
「もっと分かり易く説明出来なかったかなぁ」
と考えていたら、
あることを思い出しました。

漫画家で皇統問題に詳しい
小林よしのり先生の作品
『天皇論 平成29年』の中の
「第4章 無自覚な天皇崇拝」で、
小林先生はガングロギャルとの対談で
天皇の存在について話をしています。
小林先生は、

「後で考えたのだが正月と天皇の関係から話した方が良かったかも…」

と描いていますが、
まさにそれを説明すれば良かったと
後悔しました。

タイトルの通り日本人は
無自覚に天皇崇拝をしています。
年末になれば大掃除をして正月を迎え、
初日の出を見に行き、
神社に初詣に行きます。
これらは全て神道と関係しており、
それを司る最高権威が天皇です。

もし天皇が居なくなれば
これらに対する関心は薄れていくでしょう。
そうなると日本人らしい気質も
無くなっていくのではないでしょうか。
権威の象徴である天皇は
国の安寧を祈り続ける世界でも類を見ない
奇跡の存在です。

男系男子に拘り続け、
その奇跡の存在である天皇が
「居なくなってもしょうがない」
とはとても思えません。

未来の日本人の為にも、
天皇の存在は絶対に必要だと
私は思いますが、
これを読んで頂いた皆さんは
どうでしょうか。
この他にも天皇が居なくなったら
色んな意味で変わってしまう物は
沢山あると思います。
もう一度、
自分なりに考えてみましょう。
天皇が居なくなった日本。

文責 栃木県 いっぱち

前の記事 
次の記事 

11 件のコメント

    ただし

    2020年11月17日

    天皇陛下が居なくなったら、日本はどうなるのか。日本国民が、それを想像してみる機会が増えればいいなと、思いました。
    男系男子継承を信じることと、テレビの流す情報を鵜呑みにすることは、何となく似ているのかなと思いました。

    栃木県・いっぱち

    2020年10月31日

    チコリ様コメントありがとうございます。
    私がその男子固執派の友人の話を聞いていて思った感想は男系男子に強く拘ってる割には皇室に関して無関心なんだなという事です。
    その無関心さが衝撃的でした。もしかして日本国民全体がこんな感じで無関心なんじゃ?という危機感から今回、投稿させて頂きました。結局、男系男子固執派は愛子様が皇太子になったらなったでずっと反対はしないんじゃないかと思います。無関心ですから。

    くりんぐ

    2020年10月30日

    天皇陛下は、日本国民統合の象徴です。
    その天皇が男系男子で継承出来ないなら「無くなっても仕方がない」と無礼なことが言えるのは、「日本が無くなっても構わない」と言っているも同然です。

    男系固執派にとって大事なのは、「男のプライド」という名の私欲のみ。
    それを守れるなら、天皇陛下が、日本が無くなろうと知ったこっちゃないのです。

    チコリ

    2020年10月30日

    天皇がいなくなった日本を本気で考えよう!
    とても良い切り口だと思います。
    国民は天皇陛下がいてくれて当たり前だと思っている。
    天皇陛下がいなくなるなんて日本なんて夢にも思っていない。申し訳なさすぎる。

    国民は漠然と、政府がちゃんとするはずだと思っている。
    お上に任せておけば、そう悪いことにはならないだろうと、漠然と思っている。
    豈図らんや、今も悪代官はいっぱいいる。
    国民がぼーっとしてると、信じらんないことをヘーキでやられちゃいます。
    今こそ国民が国のために声を上げ、政府を激震にさらす時!
    (怒りが湧いてきてうっかり、転覆と書きそうになった)

    チコリ

    2020年10月29日

    でも、男系と議論をする事に、本当に頭が下がります。
    私は、なんでこんなことがわからないんだ、わかりたくないんだな、信じたいことしか信じない、完全にカルトだな、と、いかりをとーりこして、放置してしまいがちです。
    これが、いけないのだと思います。
    ニヒリズムは、何もしないのも一緒だから。

    愛子さまを皇太子に!
    諦めません!私も出来ることを発信していきます。

    チコリ

    2020年10月29日

    何も変わらないって本気かな、と思います。
    日本人は無意識に、日本の頂点に天皇陛下がいらっしゃる事で、安心していると私は思います。
    だから、時の首相がどーしよーもなくても、他国みたいに、暴動が起きないのかもしれない。
    それはそれで大問題だが、
    日本の国家元首が、自分の立場しか考えない総理大臣(習近平みたいに)って考えただけで、私など、日本は終わりだな、と思うけどな。想像しただけで、ゾッとする。私は。

    ジェイク小島

    2020年10月29日

    天皇がいなくなれば
    畏れを知らない思い上がった人が増えるでしょう。
    行き着く先は言うまでもなく乱世、易姓革命、独裁政権です。

    新自由主義で出し抜いたものが勝ち組で、出し抜かれたものは負け組であり、小さなパイを奪い合う事に必死だから、私利私欲を満たすために人を蹴落としてなにが悪いと自己中心的な思考がまかり通っています。

    天皇の存在でかろうじて残っている秩序があるから、かの国のような酷いことにならないものの、天皇がなくなれば私利私欲がぶつかり合って争乱になり、それを抑えるための恐怖政治、独裁政権を受け入れることになります。

    畜群としては自由のために戦うよりも独裁政権になって自分の生命さえ維持されれば歓迎ですから、中国の植民地になってもなんの違和感もないでしょう。

    「日本は中国と違って自由の国だ」と自慢しても、畜群に対して「奸賊」と叱り飛ばさない、自分が畜群にまで成り下がれば同じようなものです。そのようなのが周庭さんを持ち上げても、いざ自分の身になれば「馬鹿な奴だ」と見下すのは目に見えています。

    日本が欧米諸国のような格差社会にならないのも「経世済民」の思想とありましたが、この根源も実は「尊皇の精神」であるなら納得いきます。亀井静香、田中角栄のときの自民党は「国民を飢えさせない」ことを基本にして陛下の輔弼を務めました。

    それで自民党は保守政党と自認する資格を持てたのにね。

    もしかしてなんだけど、男系の方はそれで皇統が絶たれたら「左翼のせいだ」と罵って、舌も乾かぬうちに「これからの時代は大統領制だ!」なんてやりだすかもしれません。

    くさかべ

    2020年10月26日

    男系固執派の人がいう、「男系の伝統が守られなければ、皇室が存在する価値がない」という主張に戦慄を覚えます。このように考えているのは、自分は皇室よりも伝統を重んじているという発想がなければ出てこないからです。このような、皇室、ひいては天皇個人よりも自分の考えが優れているという人間はかつて、226事件を起こした軍人や、終戦間際の宮城事件を起こした軍人などによく見かけられていました。彼らは自分たちの考えに、天皇がそぐわないとみなすや否や、たちまち天皇を批判しだすのだから呆れます。(226事件の磯部は昭和天皇を呪詛したし、宮城事件を起こした人物も昭和天皇を「ヒロヒト」と呼び捨てにしていた。)そして、国を破局的な道へと追い込んでもどうとも思っていないのです。(mameさんの友達の「そもそも天皇が居なくなっても俺も日本人も変わらない」という主張も、かつての軍人さながらの無責任ぶりがうかがわせる。)もう、男系固執派の人間たちには「いい加減にしてほしい!」と心から叫びたくなります。

    ダダ

    2020年10月26日

    天皇がいない日本を想像するのも辛いです。
    システムとしては日本国憲法 第一章 天皇 の改正(削除?)が必要ですが、政治家にその重責を担えるのか不安。権力=権威となるのも嫌ですね。
    それよりも、天皇はやはり日本人の心の拠り所だと思います。上皇上皇后陛下は国民とともにあることを体現し続け、多くの国民が励まされました。天皇皇后両陛下もその御心を継承されています。
    とても有難いことで、この感謝の気持ちが皇室と国民を繋ぎ、無意識に国民性にも影響が出ていると思います。

    ありぼう

    2020年10月26日

    天皇の話をするとちょっと変な人って思われるけど、
    やっぱり染み付いているものはあるんだと感じます。
    被災地の訪問なども、一議員や総理が行っても仕事だろうくらいでなんの感慨もないが天皇が訪問となるとなんとなくありがたみを感じるも無自覚な天皇崇拝していると言えると思います

    モグ

    2020年10月26日

    私も、天皇陛下がいらっしゃる事、皇室がある事が当たり前過ぎて、それこそ「無自覚に天皇を崇拝」しています。だからこそ、逆に「いなくなったらどう困るのか」友人等に上手く説明しろと言われても、咄嗟には出来ないかと思います。でも、皇室を守りたいから、理論武装も必要ですね。「天皇のいない日本は日本じゃない」って事、直感してはいるのですが、今一度深く考え、説明出来るようになっていきたいです。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。