散歩中に愛子さまを想う

Post's thumbnail

息子と川の土手を散歩をしていたら、
町内の自治会役員の方々が草刈りをしてくださってました。

息子は草刈り機が珍しかったようで
しばらく一緒に眺めていました。

あまり普段気付かないのですが、多くの方々に支えられていると改めて感じました。

普段何気なく感じていますが、
皇族の皆さまが居ていただいてるおかげで、
私たちの生活が穏やかになっているのは事実です。

ご静養や来賓相手のご公務など、
華やかな部分が報道などで流れてきますが、
私たちの気付かない、見えないところで祭祀をしていただいたり、
普段の生活に必死だと忘れがちな
弱者への気遣いなど、
本当に心からありがとうございますと
申し上げたいです。

その皇室の皆さまの心配事のひとつが
安定的な皇位継承とお察しします。

愛子さまに皇太子になっていただけるよう
皇室典範を改正し、
皇室の皆さまの心配ごとがひとつ減るように
力を合わせて声をあげてまいります。

愛子さまを皇太子に!

文責 群馬のT

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ただし

    2020年11月17日

    日々、私たちを心配して下さっている皇室の方々の為に、皇室の方々の心配事を早く、1つでも減らして差し上げたいと思いました。

    ふぇい

    2020年11月3日

    チコリさま

    私たち国民は「当たり前」に慣れきってしまってるのかもしれませんね。
    皇室の皆様のことを
    もっと真剣に考えていきたいと思います。

    ふぇい

    2020年10月29日

    ダダさま

    コメントありがとうございます☆
    皇室の皆さまのご心痛を
    ひとつでも減らしてまいりましょう!

    チコリ

    2020年10月29日

    見えないところで、国家、国民の為に常に祈って下さっている。弱きところに常に寄り添ってくださっている。

    国民はそんなことも知らないで、空気のように当たり前になってしまい、気がつかない。
    でも、天皇陛下は、日本人にとって、空気です。
    国民は日頃気づかないでぼーっとしていますが、
    いざという時に、日本を命がけで守ってくださるのは、常に天皇陛下ではないでしょうか。

    平和な時代の今、当たり前すぎて国民は有り難さに気づかない。
    失ってから気づいても二度と取り戻せないのだから、
    今こそ実行するとき!

    愛子さまを皇太子に!
    愛子さま、生まれて来て下さって、ありがとうございます。

    ダダ

    2020年10月28日

    仰る通りだと思います。
    皇室への恩返しとして、愛子さまの皇太子への道を切り開いてきたいです!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。