男系の重みを踏まえたスペイン王室の継承順位第一位・レオノール女王

Post's thumbnail

欧州の国の一つ、スペイン。フラメンコやパエリア、アヒージョ、生ハムなどの文化も日本人にとってはなじみの深いものとなりました。


 近年、皇位継承においては日本では”男系の重み”を踏まえるのが大事だと言われていますがその”男系の重み”を踏まえた皇位(王位)継承が行われているのがスペイン王室で男系男子優先で直系の男子がいない場合のみ女性に継承権が与えられます。

 そのスペインの継承第一位にいるのが、レオノール女王です。
https://www.harpersbazaar.com/jp/celebrity/celebrity-news/g29648205/princess-leonor-191103-hns/?slide=30
~王位継承順位第1位! スペイン王室、レオノール王女の成長アルバム~

 現在、スペイン王室には男子がいないためレオノール王女が君主になる事が確実視されています。


 知性と美貌を兼ね備えているレオノール王女と愛子様、お二方の姿が重なって見えるのは私だけでしょうか?


 現在、スペインと同じく”男系の重み”を踏まえるのが皇位継承には大事だと言われかつ男系男子の継承者がいない皇室においては女性には継承権が認められてすらいません。


 我々が声をあげて愛子皇太子を実現させて愛子皇太子とレオノール王女の才色兼備の女性君主同士のご対面が実現し新たなる日西関係を実現させようではありませんか。

 文責 山梨県 JACKER

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    ただし

    2020年11月17日

    愛子皇太子が、レオノール王女とスペイン語でお話しされているご様子を、この目でみたいです☆☆☆

    草壁

    2020年11月8日

     外国の事例をことさら称揚する気はありませんが、王位継承に関する柔軟さはヨーロッパ諸国の王室の方が(今のところ残念ながら)日本より上だなと思います。
     男系固執派は「男系で続いてきた天皇」を誇りとしたいのかもしれませんが、続かなければ意味がないのだから早くその主張をひっこっめて欲しいです。別に皇室が女系継承を認めても、皇室の世界に対する存在感は全く動かないと思います。
     西部邁氏もおっしゃてましたが、伝統とは峻険な尾根を渡るための歩行術みたいなものです。すなわち生き抜くための価値基準が伝統なのだから、柔軟に変えていくのは問題ないのだと思います。日本も早くヨーロッパの姿勢に学ぶべきだと思います。

    チコリ

    2020年11月8日

    女性であるだけで、愛子さまが皇太子になれない日本の現実が、
    日本の男尊女卑根深さの象徴ですね。

    世界広しと言えども、サウジアラビアと日本だけ?
    ああ、恥ずかしい、情けない。

    愛子さまを皇太子に!
    まさに、日本の根深い男尊女卑からの脱却となるでしょう。
    新生日本の幕開けとなること、間違いありません。

    ダダ

    2020年11月5日

    レオノール王女も気品がありますね♪
    愛子さまとの2ショットが見たいです!そのためにも愛子さまを皇太子に!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。