秋田八丈より愛子さまを想う

Post's thumbnail

私の地元である秋田県には、秋田八丈という伝統の絹織物があります。

八丈島の本場の黄八丈と比べ、光沢の度合いが少し低く、渋みがあるのが特徴です。

秋田八丈のような絹織物は蚕の繭から紡がれる絹糸でつくられています。

7月1日の愛子様サイトに「皇室と蚕」という記事があり、この記事を読んで愛子様ご自身が蚕を飼われていることを知りました。

私は将来、愛子様が皇太子となられ、天皇に御即位されさらに養蚕にも取り組んでいってほしいと思いました。

そのために、現在の男系男子限定の不安定な皇位継承を改正するよう、私はこれからも声を上げていく所存です。

文責 秋田県 秋田のタカ

1 件のコメント

    ダダ

    2020年11月11日

    皇室での養蚕は明治以降の伝統行事とのことですが、愛子さまも蚕の飼育を続けているとあり、この伝統は受け継がれていくと思います。
    <a href="https://www.asahi.com/articles/ASN5C33W9N58UTIL02T.html" rel="nofollow ugc">https://www.asahi.com/articles/ASN5C33W9N58UTIL02T.html</a>
    <a href="https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061200974&#038;g=soc" rel="nofollow ugc">https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061200974&#038;g=soc</a>

    その時代に生きる人が新しい伝統を生み出していく。皇室はそのことを歴史から学んでいるのだと思います。
    その皇室を支えるために国民ができることの一つが皇室典範の改正。
    愛子さまを皇太子に!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。