速やかに愛子皇太子実現に向けた議論を

Post's thumbnail

宮内庁HP 愛子内親王殿下のお誕生日に際してのご近影(令和元年12月1日)
https://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/02/activity02-r011201ph3.html

昨日、「立皇嗣の礼」がおこなわれました。
当ブログでは何度も訴えておりますが
天皇になることが確定している「皇太子」
ではなく、暫定的な地位の「皇嗣」を
宣明する儀式は前代未聞であり、
依然として皇統が断絶の危機にあることは
変わりありません。

私は菅首相がこのような
安定的な皇位継承とは
関係のない儀式を
おこなったことを、
同じ秋田県出身者として
天皇皇后両陛下をはじめ皇室の方々や
世間の皆様に申し訳なく思います。

少し遡りますが、
11月4日の日本経済新聞の記事
首相、安定的な皇位継承策「立皇嗣の礼」後に検討https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65825240U0A101C2PP8000/

によると菅首相は、

「安定的な皇位継承策について8日の「立皇嗣の礼」終了後に検討する考えを示した。」

とあります。

私は検討だけでなく、
速やかに議論を開始すべき
だと思います。

そのためにもまずは私が、
男系男子限定でなく
女性皇族も皇位継承ができるよう、
具体的には愛子皇太子の実現のために、
また秋田県民の名誉のためにも
声をあげていきます!

文責 秋田県 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

2 件のコメント

    チコリ

    2020年11月10日

    先日のゴー宣道場で、政府がやらないなら国会主導で!という議論がありました。
    それしかないと思います。
    また山尾議員が言っていましたが、
    「真の国会議員なら女系天皇まで認めてください」と、国会議員に直訴しましょう。

    ダダ

    2020年11月9日

    国会では皇室典範の改正要否ではなく、改正内容の議論をして頂きたいです。
    2016年11月30日に刊行された高森明勅先生の【天皇「生前退位」の真実】では、改正試案として「皇位は皇統に属する男系の男子がこれを継承する」を「皇位は皇統に属する皇族がこれを継承する」などが提案されています。

    この条文を変えると自動的に他の関連条文も変わるため、素人感覚ですが、双系継承と女性宮家創設のために改正は無理難題ではないと思いました。
    国会議員は未来に責任を負う覚悟があるのであれば、早急に全力でこの問題に取り組んで欲しいです!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。