男鹿のなまはげから、愛子様が天皇になられることを願う

Post's thumbnail

私の地元の秋田県男鹿市では
大晦日の晩に、
翌年の家族の無病息災や
豊作を祈願したり、
「親の言うことを聞かないと
連れて行ってしまうぞ」
と言って、怠け心を戒める
男鹿のナマハゲという行事があります。

皇室も大晦日に、
天皇陛下のために行われる
お祓いの行事、節折(よおり)と、

神嘉殿の前で,
皇族をはじめ国民のために
行われるお祓いの行事、大祓(おおはらい)
があります。 


私は、もし男鹿のなまはげが
全国の行事でしたら、
私も含め私たち国民のほとんどが
男鹿のなまはげによって連れ去られ、
日本から人がほとんどいなくなっている
と思います。

なぜなら、2017年6月に
与野党の合意で成立した
退位特例法に伴う国会の付帯決議で、
上皇さまの退位後速やかに
安定的な皇位継承や女性宮家の創設を
検討するよう政府に求めていたのに、
未だに実現出来ていないからです。

政府は、昨年11月8日、
安定的な皇位継承策について
「立皇嗣の礼」終了後に
検討する考えを示しました。

私は検討ではなく、
今すぐ愛子さまが皇太子になられて、
次代の天皇になられ、
愛子さまのお子さまが
女子、男子を問わず、
長子優先で安定的に
皇位を継承してほしいです。

さらに女性宮家を創設して、
眞子さま、佳子さまが姉妹で
宮家の当主を務めることができるように、
我々、国民一人一人が
声を上げていきましょう!

文責 秋田県 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

1 件のコメント

    ダダ

    2021年1月4日

    菅首相って、たしか秋田県出身ですよね?
    皇統問題、放置しすぎです。
    ぜひ、ナマハゲに懲らしめて貰いたい!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。