眞子さまご結婚に対して批判的な声について考える

Post's thumbnail

宮内庁HP 佳子内親王殿下のお誕生日に際してのご近影
https://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/03/birthday03-r021229-ph.html

眞子さまと小室圭さんの婚約内定が報じられたのは2017年9月です。

3年以上経ってもご結婚が延期されているのは、以下のような報道が影響しています。

「眞子さまの結婚一時金を辞退すべき」など抗議殺到  小室圭さんに宮内庁長官が異例の苦言
【2020年振り返り 12月15日】〈週刊朝日〉
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb26caf8c6651d52f1330f77fd775ed183808eae

秋篠宮殿下や宮内庁長官も指摘していますが、こちらの記事に書かれている小室さんの金銭トラブルに対する説明が今一度求められている状況です。

私は同僚と時々皇室の話をしますが、次のような感想が聞こえてきました。

「収入の低い小室さんと結婚しても、眞子さまが苦労するだけ」

「小室さんの母親が皇族と親戚になるのが嫌」

「小室さんが1億5千万円を当てにしているだけじゃないの」

嫉妬や反感が前面に出ているという印象が強かったです。

おそらく、私の同僚のような意見が少なからずあるのだと思います。

逆境に立たされていますが、秋篠宮殿下や宮内庁長官、そして国民の大半が翻意するような丁寧な説明を小室さんに期待したいと思います。


ふたたび記事に戻りまして、「皇女制度」についても書かれていますが、こちらの案は高森先生のブログにあるように問題が多く、いったん白紙に戻っています。

「皇女案」批判のおさらい
https://www.a-takamori.com/post/201231

現行の皇室典範では女性宮家という制度がないので、眞子さまはご結婚により臣籍降下されます。

皇室の安定継承を願うなら、女性宮家の創設は待ったなしの状況です。

我々の力で後押しできることはこちらの課題になるので、初代女性宮家当主となられる眞子さまのお姿を想像しながら尽力したいです。


文責 愛知県 I.Y.


前の記事 
次の記事 

2 件のコメント

    もふねこ

    2021年1月6日

    私もダダさん同様、事態の収拾を小室さん一人に丸投げするような宮内庁長官の発言には驚きました。

    週刊誌報道の真偽は分かりませんが、事実確認をするなら宮内庁が内々に小室さん側と話し合いをし、その上で宮内庁が対応すれば良い事です。
    むしろ、ここまで問題が大きくなるまで宮内庁は一体何をしていたのかと思います。
    自分達の責任には言及せず、一民間人一人に責任を負わせるとは呆れます。

     保守系政治家や宮内庁長官という国家権力が民間人にメディアを通じて圧力を掛ける事のおかしさ、それを「よく言った」と賛美する大衆の異常さ。
    そして、それを有識者や政治家らが誰一人として指摘しないのも不思議です。

    ダダ

    2021年1月5日

    大衆は下衆な話題を楽しんでいるだけなので、私は小室さんが金銭問題を説明しても、更に事態が悪化すると思っています。
    本来なら宮内庁が内々に調整して収めることも出来たはずで、宮内庁長官の態度には不信感を覚えます。
    ただ、眞子さまのご結婚が、大衆の許しを請う形になったことがとても残念です。続く皇族のご結婚にも、大衆の審査が必要になってくるのでしょうか。美智子さま・雅子さま・眞子さまと、女性に対する非難が続き、嫌気が差しています。こんなことはもう終わりにしたいです。
    税金の視点でいえば、モリカケ問題や、オリンピックの無駄使いの方が巨悪です。それを無視して皇室を非難する輩は、皇室と共にある国民を名乗ることは出来ないでしょう。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。