上皇陛下のお誕生日から愛子様が天皇になられることを願う

Post's thumbnail

宮内庁ホームページ 象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(平成28年8月8日)
https://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/12 

先月の23日は上皇陛下のお誕生日で
おめでたいのはおめでたいのですが、
上皇陛下が2016年8月8日にお述べになった
「皇室がどのような時にも国民と共にあり」
「象徴天皇の務めが途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ」

というお言葉を聞くと胸が痛みます。

あれから4年たちますが、
愛子様が女性だからという理由だけで
皇太子になられていなかったり、
悠仁さまがいらっしゃるからといって、
女性宮家を創設していなかったりと、
上皇陛下のお言葉に込められた願いが
叶っているとは思えません。

昔は、孝謙天皇(重祚して称徳天皇)のように
女性が皇太子や天皇になったり、
元明天皇(母)から元正天皇(娘)への
女系継承が出来たりしました。
以上のように日本は男系、女系に
こだわっていないと思います。
現在のように男系男子限定の皇位継承が
絶対ではないのです。

皇室典範を改正し、愛子様が
皇太子ひいては天皇になられるように、
眞子さま、佳子さまが
女性宮家の当主になられるように、
我々国民一人一人が、
声を出し続けましょう!

文責 秋田県 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

1 件のコメント

    ダダ

    2021年1月11日

    「男系男子限定の皇位継承が絶対ではない」その通りだと思います。
    4年もあれば直系継承・女性宮家創設の法整備は十分に出来たはず。本当に歯痒いです。
    しかし今年12月で愛子さまは成年皇族となり、お一人で公務に臨まれる機会が増えると、国民の関心も高まると思います。
    「愛子さま皇太子への道」盛り上げていきましょう!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。