中山人形から愛子さまを想う

Post's thumbnail

秋田県のニュースを調べていると

中山人形が県伝統的工芸品指定
https://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/20210126/6010009460.htmlという記事を

見かけました。

この記事によると現在、中山人形をつくる職人は樋渡さんだけということがわかりました。このまま後継者がいない場合、その人形の新作を見ることができなくなると心配しています。

もう一つ私が心配していることは、天皇陛下のご長女に愛子さまがいらっしゃるのに、皇位を継ぐことができません。

伝統工芸の職人で女性がいると聞いたことがありますが、女性と言う理由で、愛子さまは陛下の跡を継ぐことができません。

皇室も中山人形の職人も安定した後継者の確保が大事です。

皇室の場合は男系男子を維持するための側室制度については認められていない。

政府と旧宮家系の男系男子の方々が皇籍を取得する意思がない。

皇祖神が女性の天照大神から始まっていることから

男系男子は伝統ではない

愛子さまが天皇陛下と同じ学習院大学文学部にご入学されていて、

将来、天皇になるご意志があると拝察される。

以上から愛子さまが天皇になってはいけない理由などありません。

皇室典範を改正して、愛子さまが皇太子、天皇になって、さらに、

愛子さまのご長子が男女に拘らず皇位を継ぐこともできるよう、

今すぐ私たちが声を出していきましょう!

文責 秋田県 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ただし

    2021年2月6日

     秋田のタカ様、ご返信、どうもありがとうございます。
     竹内結子主演の和菓子屋のお話『あすか』か、池脇千鶴主演の熊野の料理人のお話か、どちらかだったでしょうか(違うかな)。
    (*^^*)

    秋田のタカ

    2021年2月6日

    ただし様

    コメントありがとうございます。たしか朝のドラマである地方の料理人さんが

    『女は料理場に入っちゃなんねー』と言っていた場面がありましたが

    経営が苦しくなって倒産の危機に陥った時、女の人が『男も女も関係ない』

    と言って、料理場に入って男女共に働き、倒産の危機を乗り越えたのを見た

    ことがあります。

    男系絶対派の人は、皇統断絶の危機を女性と一緒に協力して越えたらいいと

    いう考えを持ってほしいです。

    ダダ様

    コメントありがとうございます。私も側室制度が廃止された時に、皇室の

    伝統が破壊された!!という話を聞いたことがありません。

    のりたま様

    コメントありがとうございます。私が天皇陛下と皇室を尊敬する理由は

    例えば秋田は寒いから冬は暖かい沖縄に引っ越すということができなかったり

    日本人に当たり前の自由もないのに、私たちのために、大災害が発生した時

    被災者を慰め,救援活動に携わる人々を励ましてくださったり、

    などして頂いているからです。

    一刻も早く、愛子皇太子、一代限りではない女性も宮家の当主になられる

    ように一緒に身近な人と声をだしていきましょう!

    のりたま

    2021年2月5日

    側室制度の廃止は、皇室(宮内省?)側が「外国に倣って一夫一婦に」としたものだったと聞きました。
    でしたら、もう、直系継承と女性宮家しかありません。
    天皇陛下を尊敬する所以は、男性だから、ではなく、皇統に連なるお方だからです。

    ダダ

    2021年2月4日

    側室制度が廃止された時に、皇室の伝統が破壊された!!と問題視した人はいないですよね。
    皇位の安定継承には、直系継承と女性宮家創設が必要であり、皇室からもその意思を感じることが出来ます。
    皇室典範改正については、皇室の意思が反映されることを求めます。
    皇女制度や一代限りの女性宮家は反対です!!

    ただし

    2021年2月4日

     伝統工芸の職人さんに例えると、凄くよく分かるなあと思いました。
     職人さんの親方は、『男に継がせるのが伝統だから男しか認めねえ。』などとは決して言わないですよね。伝統そのものを守りたいから、女性でも大歓迎で迎えてくれるはずですよね。

     やはり、男系絶対派は、皇統という伝統を守りたいのではなくて、偏った男尊女卑という考え方に固執しているのだと思いました。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。