日曜の夕方に愛子さまのことを考えました。

Post's thumbnail

夕飯を作っていると、母が娘とテレビ見ながら
「この人たちは年取らなくていいね。」
と呟きました。

見ていたテレビは、「サザエさん」です。

国民的アニメと言っても過言ではないサザエさん。

1950年代後半の日本「一億総中流」と言われていた頃の時代背景が映し出されています。

時代背景は物語の大事なところで、私の好きな落語も、そのときそのときの背景を知るとより深みが増します。

新宿末廣亭で聴いた金原亭伯楽師匠の「芝浜」は鳥肌が立ちました。

サザエさんにスマホが出てきたり、コンクリートの芝浜がしっくりこないのは感覚でわかります。

現在の皇室典範では皇位継承権は男系男子となっています。

そういった時代背景があったのは事実ですが、皇室は物語を含む、現代を生きているのも事実なのです。

現代を生きる天皇陛下・皇室の皆さまが決してお言葉では発しませんが、今何が大事かを私たちに提示してくださってます。

それは性別関係なく直系長子継承『愛子さまを皇太子に』ということです。

日本国の象徴がこのご時世男性のみ、半分のみしかなれないというのは明らかにおかしいです。

現代を生きる皆さま、天皇陛下の願いを叶えるよう大きな声をあげていきましょう。

愛子さまを皇太子に!

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    ふぇい

    2021年2月8日

    コメントありがとうございます。

    アホな弟さま
    サザエさんの時間には、ネガティブな感情があった方少なくないと感じます。
    私もその1人です、
    ざっくりとですみませんが、
    現在の皇室典範が議論・作成された昭和21年当時、
    血統は父系=男系のみによって継承されるとする古代シナの考え方とそれに基づく制度に由来する古い「姓」の観念が、まだ一定の影響力を持っていたためであろうということから来ているようです。
    詳しくは高森明勅先生の
    天皇「生前退位」の真実(幻冬舎新書)をご覧ください。

    ダダさま
    上皇陛下のおきもちをおもくうけとめ
    愛子さまを皇太子にと一緒に動いてまいりましょう。
    よろしくお願いいたします。

    茶呑みじじいさま
    皇室典範は皇室の家法と考えたら
    皇室の皆さまの考える通りにしていくのが1番です。
    その内容は「直系長子継承」に間違いないです!

    茶呑みじじい

    2021年2月6日

    「世系」の第一代が、女性神の天照皇大神であることも、天皇陛下や上皇陛下が「直系長子継承」をお望みであられることも無視して、男子の血を重んじる専門家って一体何者でしょうか?本当の日本の歴史は皇族方が一番よくご存じのはずです。

    ダダ

    2021年2月6日

    上皇陛下のときは、宮内庁長官や侍従長が政府に皇族減少の危機を訴えていました。
    それは紛れもなく上皇陛下の願いだったはずです。そして今、その願いを天皇陛下が受け継いでいます。
    私たちも応えましょう!愛子さまを皇太子に!

    アホな弟

    2021年2月5日

    いじめられっ子でしたので日曜日にサザエさんを見ると次の日に対しての活力が削がれてしまう五十路です。ところで何故、現在の皇室典範では皇位継承権は男系男子と言う物語が必要とされたのでしょう?

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。