いつもの場所に行き、愛子さまのことを考えました。

Post's thumbnail

私は何個か習慣にしていることがあります。

その1つが「献血」です。
高校の頃から始めて、看護学校の実習で血液センターに行ってから
献血回数が増え、現在100回超えました。
いつも行うのは血小板成分献血です。
勤務のシフトが出ると
「この日できるな」と予約を入れます。
いつもの献血ルームに向かい、順番を待っている間に
日本赤十字社の資料を見ていたら、
名誉総裁に皇后さまのお名前が!

皇后さまは新年のビデオメッセージで、
天皇陛下とともに私たちにおことばを下さいました。

“この1年、多くの方が本当に
大変な思いをされてきたことと思います。
今年が、皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう
心からお祈りいたします。
また、この冬は、早くから各地で
厳しい寒さや大雪に見舞われています。
どうぞ皆様くれぐれもお体を大切に
お過ごしいただきますように。”
(宮内庁ホームページより引用
https://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/86 )

私たちに温かいお言葉をかけてくださる皇后さま。
本当にありがとうございます。
そして同時に、愛子さまの将来をきちんと決めてくださいと
私たち国民に訴えたいのではないかと拝察いたします。

愛子さまの将来は、私たちの代表、国会で決まります。
今年が両陛下にとって少しでも穏やかな年となるように、
私たち国民は動いていかなければと強く感じました。
両陛下は政治的な発言はできません。
私たちが代わりに声をあげましょう。
愛子さまを皇太子に

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

1 件のコメント

    ダダ

    2021年2月11日

    雅子さまは上皇后陛下から名誉総裁を引き継がれたのですね。本当にありがたいです。
    ただ、病状は快復の途上だと思いますので、国民の期待が心労とならないようにしたいです。
    愛子さまの皇位継承についても、何年も悩み続けられていると拝察します。
    その心痛を除くために、声を上げていきましょう!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。