愛子さまの記事を拝見

Post's thumbnail

宮内庁HP 愛子内親王殿下お誕生日に際してのご近影(令和2年12月1日)

https://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/02/activity02-r021201ph3.html

このような記事を拝見しました。


mi-mollet

今年20歳になる愛子さまのご公務と女性天皇の可能性は?【皇室記者が解説】
https://mi-mollet.com/articles/-/27789

毎日新聞客員編集委員の大久保和夫氏に、


皇室や王室の本を多く手掛ける高木香織氏が、話を聞く形で記事が進んでいきます。

記事の中で、愛子さまを天皇にという国民の声があること、


小泉政権の時に女性・女系天皇容認の答申が出たことに触れています。


これからの皇室はどのように歩まれていくのでしょうかの問いに、


大久保氏はこのように答えています。



「それは国民一人一人がどうしたいか、どう考えるかが問われているのであって


決して皇室任せ、政治家任せにしていい話ではないだろうと思います。


(中略)

最終的に『国のかたち』の基本である皇室のあり方を国民一人一人が考える、


そういう時期に来ているんだろうと思います。」

おっしゃる通りで、私たち国民一人一人が、


「国のかたち」の基本である皇室に対しどのように考え、責任を果たすか。


ここにかかってきています。


皇室の御意志は明確です。

「愛子さまを皇太子に」

「女性宮家設立」


皇室任せ、政治家任せにせず、私たちの意思を示しましょう。

この記事の後半は、愛子さまのファッションや、


成年皇族として本格的にご公務をされることに触れ、とても楽しみだと締めています。


皆様もご一読ください。

文責  群馬県  ふぇい

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    ふぇい

    2021年2月23日

    コメントありがとうございます。

    将一朗さま
    女性天皇に女性総理
    日本の新しい形
    元の日本というのが正しいでしょうか。
    皇室典範改正と立憲的改憲
    とても大事と考えております。

    基礎医学研究者さま
    お子様がいらっしゃるのに皇統断絶の危機って。
    明らかにおかしいです。
    先延ばしにせず、一気に決め切ることが必要です。
    そのためにもこのコロナ騒動終わりにしないとと考えております。

    ダダさま

    皇室典範改正し、
    愛子さまを皇太子に!
    成し遂げたいです^_^

    ダダ

    2021年2月21日

    記事を読み、私も愛子様が日本文学科に進学されたのは、皇室の歴史・文化を修めるためだと思いました。
    愛子さまが皇太子となられることを、ますます期待しています♪

    基礎医学研究者

    2021年2月21日

     貴重な情報ありがとうございました。いまさらながら、皇室を見つめ続けてきた「皇室記者」のような方々の意見は皇統問題の本質がわかっており、説得力がありますね。また、高森明勅先生が本日のゴーセン道場のブログ(タイトル:危機の原因は「男系男子」限定)において、”実は現在の皇室は子宝に恵まれているにもかからわず、「男系男子」限定という硬直したこだわりの為に、君主制そのものが消滅の危機に直面してもよいのだろうか?”という言及を行っていることも併せて考えますと、ふぇい様が後半でご指摘される2点は、まさに「皇統問題」の本質だと思われました。そして、この問題は決して先延ばしにできる問題ではないはずなので(よしりん先生も指摘されているように、あと1~2年が勝負)、我々国民は皇室のご意志を叶えていかなればならないと、強く思います。

    将一朗

    2021年2月21日

    愛子内親王様が天皇に即位されるということ。
    山尾志桜里議員が首相に就任すること。
    それは、日本という国がまともになるということを表しています。
    だからこそ、まずは皇室典範を改正して、女性の皇族でも天皇になれるようにしなければならないです。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。