眞子さま関連のメディアのデマ報道

Post's thumbnail

宮内庁のホームページに
「皇室関連報道について」という、
皇室へのデマ報道に
反論するページがあります。

そのなかで、平成30年5月25日に
「眞子内親王殿下に関する最近の週刊誌報道について」
という記事が掲載されました。

少し長いですが、引用します。

両陛下(当時:引用者註)が第一に考えられたことは,これは眞子さまの内心に触れる事柄であり,何人といえども,恐らくはご両親殿下(当時:引用者註)でさえ眞子さまのお考えを待つ以外おありでないということでした。そうした中,ご自分方として出来ることは,極力周囲の雑音から眞子さまを守り,静かな状況を保つ中で,眞子さまがご自分の考えを深められるよう助力なさるということでした。
そのため,これまで両陛下は共に首尾一貫このことに関し一切発言を慎まれてこられました。事実,宮内庁長官,次長を始めとする宮内庁幹部,側近である侍従長,女官長や侍従職の誰一人として,このことに関して両陛下のご感想を伺ったり,状況についてお尋ねを受けたことはありません。平素,両陛下のご相談に与る参与,御用掛においても全く同様であります。

上皇上皇后両陛下、天皇皇后両陛下が
眞子さまのご結婚に関して
一切発言を控えていらっしゃることが
説明されています。

それにもかかわらず一部メディアでは、
上皇后陛下が小室さんに
「不信感を抱いて」いるなどと
報じています。

デイリー新潮:宮内庁長官「小室圭さん」への異例の苦言を読み解く 背後に美智子さまのご憂慮
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/12161700/?all=1

皇后陛下のこれまでの
ご発言から拝察すれば、
宮内庁の見解が正しいであろうことは
明らかです。

上皇后陛下のお気持ちを
無にするような報道を
繰り返すメディアには、
怒りを禁じえません。

いち国民として、
眞子さまのお幸せと
皇室の安寧を願うばかりです。

文責 千葉県 まー

前の記事 
次の記事 

2 件のコメント

    くりんぐ

    2021年2月23日

    眞子さまと小室さんのご結婚に関して、天皇皇后両陛下も、上皇上皇后両陛下も、眞子さまのお気持ちを尊重されています。
    それを踏みにじっているのは一部の尊皇心のない国民であり、皇室バッシングで儲けようとしているマスコミです。

    ダダ

    2021年2月22日

    天皇皇后両陛下・上皇上皇后両陛下は、眞子さまを守ろうとしていますよね。
    それなのに、今の宮内庁長官は小室さんに説明責任を求めたわけですから、皇室バッシングに加担したも同然です。
    宮内庁に国民の声が届いているのか不安になります。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。