愛子さまを皇太子にと、改めて強く思いました

Post's thumbnail

録画していて、しばらく見ていなかった、


日本テレビ「皇室日記」を一気に見ました。



(今は月1回の放送になってしまったのですね。)

不覚にも番組を見ながら泣いてしまいました。


理由はわかりません。

この方のこの言葉に、というのでもありません。


皇室の皆さまのあたたかさ、

私たちを思ってくださる大御心に触れたからでしょうか。


皇室の皆さまの願いを未だに叶えられない悔しさからでしょうか。

テレビを見ながら泣いてしまったのはいつ以来か覚えておりません。

承詔必謹と強く思いました。


愛子さまを皇太子に

改めて強く思いました。

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    ふぇい

    2021年3月8日

    コメントありがとうございます。

    ダダさま

    絶対に実現させましょう。

    まーさま

    みんなが笑顔になれるように。
    何をどうしたら良いかまでわかりきってます。

    私たちで決め切りましょう(^^)b

    まー

    2021年3月2日

    涙が出る気持ち、分かります。このような気持ちになることは、我々国民だけでなく皇室の方々も本意ではないでしょう。
    愛子さまに皇太子になっていただき、女性宮家の制度を整えて安定継承の道筋を作り、みんなが笑顔になれるようにしていきたいです。

    ダダ

    2021年2月28日

    コロナ禍で、権力を求める大衆感情の恐ろしさが身に沁みました。
    天皇の権威による統治こそが、日本国の伝統であり英知です。

    愛子さまを皇太子に。
    皇室と国民が力を合わせれば、絶対に実現できます!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。