愛子様と両陛下

Post's thumbnail

出典 宮内庁HP 新年をお迎えになったご一家のご近影(お写真)(令和3年)

https://www.kunaicho.go.jp/activity/gokinkyo/newyear/r03-0101-ph.html

私は、特別尊王心があるわけではありませんが、愛子様に皇太子・天皇になっていただきたいと思っています。
なぜなら、天皇皇后両陛下のお子様だからです。
天皇は世襲で直系長子に継承するのが、皇統の安定のため最良の策であることはもちろんですが、それにもまして両陛下のお人柄が愛子様ご自身に多大な影響をお与えになったと考えるからです。

天皇陛下は皇后陛下にご結婚のお申し込みをされる際「雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから。」と仰いました。
皇后陛下がご病気になられた時、公式の場で「雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です。」と、正にそのことを証明された異例中の異例のご発言がありました。
こんなに男気のある方がお父上で、ご病気になられても日本のために全身全霊でお働きになろうとなさる方がお母上です。
お互いを尊敬しあい信頼しあっている、理想的なご両親の元でお育ちになり、ご両親の為さりようをご覧になってこられた愛子様こそ皇太子・天皇になるべきお方と思います。
過去にも女性天皇、女性皇太子もおられましたし、愛子様にもぜひその道を歩まれていただければ幸いに存じます。

そのために、皇室典範の改定を何としても急いで行っていただいたく思います。

文責 埼玉県 おく

前の記事 
次の記事 

2 件のコメント

    まー

    2021年3月5日

    私もこのエピソードはとても好きで、何度読んでも感動してしまいます。言うのは簡単ですが、実践するのはとても難しいことです。
    私たちも、愛子さまのことを全力でお守りしなければ!と心に誓いました。

    ダダ

    2021年3月3日

    おく様
    投稿ありがとうございました。
    私も同感です!!
    天皇の聖域を身近に感じている愛子さまに、皇太子への道を切り開いてあげたいです。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。