陛下と愛子さまのおことば、ふるまい

Post's thumbnail

神道学者高森明勅先生のブログ
天皇陛下岩手県ご視察
を読みました。
https://www.a-takamori.com/post/210307

天皇陛下は、3月4日に岩手県と赤坂御所をオンラインで繋ぎ、東日本大震災の被災者と丁寧に懇談されたとのこと。

文中に

被災者からは、「哀悼のおことばを戴き、涙が出て仕方がなかった」「(両陛下が)今も変わらずに(被災地のことを)思って下さっているということは凄く伝わった」などの声があった。

とあり、陛下は現地に行かれることを強く希望されたが叶わなかった。さぞ無念であろう。とあります。

この記事を読んで、
愛子さまが昨年10月24日に、学習院大学に初登校された時を思い出しました。
愛子さまは報道陣の取材に応じ、

「新型コロナウイルスの感染拡大が終息し、みなさまが普段通りの生活や活動ができるようになることを心より願っております」
と話されました。
(朝日新聞「愛子さま、学習院大に初登校 コロナ禍でオンライン授業」より引用 https://www.asahi.com/sp/articles/ASNBS5S7CNBQUTIL044.html?iref=sp_ss_date_article )

民のことを考えてくださる陛下を間近で見られて、愛子さまが育たれているのだと感じます。
愛子さま以外に次の陛下はいないのではないでしょうか。

日頃の忙しさにかまけて
自分の周りのことだけ気にしてしまいがちなことを反省し、

この「コロナ騒動」を落ち着かせることはもとより、
陛下や皇室の皆さまが願われている
皇室典範を改正し、性別に関係なく直系長子継承を実現させなくてはと強く感じました。

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    ふぇい

    2021年3月17日

    コメントありがとうございます。

    ダダさん
    皇后さまのお言葉には
    涙が出ます。
    お心を痛めている
    男系男子継承
    ここで終わりにしたいです。
    しなければですね。

    れいにゃんさま
    一日も早く日常を取り戻せるよう
    大人が責任を果たさなさければなりません。
    愛子さまのお言葉は重いです。

    基礎医学研究者さま
    血統も大切ですが、それ以上に環境が大事と思っております。
    1番近い方が皇太子になるのが筋で大切と考えております。

    基礎医学研究者

    2021年3月14日

     ふぇい様の言われます次の部分、すなわち「民のことを考えてくださる陛下を間近で見られて、愛子さまが育たれているのだと感じます」に、共感しました。そしてこのことは非常に重要で、”皇太子”にはやはり、このような環境(すなわち、聖域)で育った愛子様がなられるのが自然であるように思えます。そうであるからこそ、直系長子継承が実現ざれることを強く望みます。

    れいにゃん

    2021年3月13日

    愛子さまが大学に初登校された時のお言葉は、よく覚えています。テレビでは連日「新しい生活様式」を受け入れるように啓蒙するばかり。そんな中「普段通りの生活に戻れるように」と仰った愛子さまの言葉には凛とした美しさがありました。ご自身も貴重な大学の経験の場を奪われています。一日も早く元の日常を取り戻し、愛子さまが皇太子になる道筋がつきますよう、願ってやみません。

    ダダ

    2021年3月13日

    皇后陛下は令和2年のお誕生日でコロナ禍に触れ「国民のお一人お一人が、幸せであっていただきたいかけがえのない存在」と仰っています。
    ご自身は療養中で、過去にはバッシングを受けたこともあるのに、このようなお言葉が出てくることが、とてもありがたいです。
    愛子さまは間違いなく、天皇皇后両陛下の御心を受け継いでいます。
    皇室の外に男系男子を探す必要なんて微塵もありません。
    愛子さまを皇太子に!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。