三度目の正直を・・・・

Post's thumbnail

皇位継承に関する議論が、有識者会議というオープンな形で行われることとなりました。

が、一方でこのようなニュースも入ってきました。

~皇位安定継承、月内に有識者会議 政府、「女性・女系」の結論急がず~
https://news.yahoo.co.jp/articles/1169ad8039513923d3fbd6821872c77bb082c15e

いまだに政府は女性・女系天皇容認の議論を先送りしたいようですが、
当初、政府は政府内での検討という、
オープンとは程遠いやり方を行おうとしていましたから、
これに比べたら一歩前進といえるでしょう。

また、すでに旧宮家皇籍取得皇女制度は安倍・菅両政権において明確に否定されています。

であれば、安定的皇位継承のあり方とは、直系長子による皇位継承しかないのは明らかです。

2005年の小泉政権時、2012年の野田政権時と、
女系・女性天皇容認、女性宮家容認といった案が検討されてきたにも関わらず、
一部の男系派によって潰されてしまいました。

もう、3度も同じようなことを繰り返させるわけにはいきません!

今度こそ、女系・女性天皇、女性宮家創設を可能にして、
愛子皇太子を実現させ、そして眞子さまが皇室に残れるように
我々の声で安定的皇位継承を実現させましょう!


文責 山梨県 JACKER

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    くりんぐ

    2021年3月10日

    結局、天皇陛下も皇族方も政治利用するしか頭にない政府の態度には、もううんざりです。

    一刻も早く、愛子さまが皇太子になれるよう、女性宮家を創設できるよう、皇室典範改正に動いた方が、政府にとって「得」だということを、国民が突きつけましょう。

    ダダ

    2021年3月10日

    記者の推測であって欲しいですが、「今年は秋までに衆院選が控えているため、結論を出す時期を明示せず、慎重に検討を進める考えだ。」

    国会議員のために皇室があるわけでは無いけど、100年後の日本より、1回の選挙が大切ということでしょうか?
    愛子さまが産まれてから、天皇皇后両陛下は今でも国民の答えを待っています。20年も答えを待ち続ける人生、、、自分には想像できません。
    今度こそ皇室への敬愛を、皇室典範改正という形にしましょう!

    基礎医学研究者

    2021年3月9日

     貴重な情報ありがとうございました。JACKER様の言われる”三度目の正直”に付け加えますと、”仏の顔も三度まで”ということわざもありますよね。そして日本には”お天道様が見ている」”という格言もありますので、皇位継承問題については先送りなどというあいまいなことはせず(0から始めるような議論ではないはずなので)、安定継承に向けて将来への禍根を残さない議論を望みます(皇室のご意志を叶えていくためにも)。

    ただし

    2021年3月9日

     3度目の正直に、絶対に、いたしましょう!!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。