あの生前退位の軌跡をもう一度

Post's thumbnail

 皇位継承に関して、有識者会議の設置が正式に決まりメンバーも確定し、

今迄動かなかった議論がここで大きく動こうとしています。

産経新聞 ~旧宮家の皇籍復帰が焦点 政府、 皇位継承議論を始動~
https://news.yahoo.co.jp/articles/31e3cf118604959849dd1134e82cc797371ce180


 しかし、この記事によると、

今も尚「(近々に)結論を出せるはずがない。女系天皇の話が出てきたら保守層の反発を招く」

(首相に近い自民議員)という声が出ており先送りのムードも未だに残っています。

とのことです。


 かつて、生前退位時の有識者会議は上皇陛下の生前退位を認めずに、生涯天皇であり続けていただこうとしていましたが、

それを阻止したのは紛れもない当時の野党第一党の民進党の論点整理、与野党の尊皇心ある議員の方々、そして多くの国民の意思でした。


 その生前退位時の軌跡の再現のためのチャンスを、今回も尊皇心ある議員の方々が作ってくれました。

 
 愛子皇太子の実現

このチャンスをつくってくれた議員の方々の思いにこたえるために

我々国民も声をあげていこうではありませんか!

 文責 山梨県 JACKER

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    まー

    2021年3月24日

    声の「あげ方」によっては十分、正論が通ることが証明された出来事です。楽観視することなく、進捗状況を注視しましょう!

    ナクラ

    2021年3月21日

    皇位継承に関する有識者会議について、軽量だとの意見もあるが、男女同数であり、男系男子固執派に対する忖度に対して「わきまえない」答申を期待しています。

    ダダ

    2021年3月21日

    この問題に、グレーゾーンは存在しません。
    女性天皇と女性宮家について、全ての国会議員はYesかNoで態度を示して欲しいです!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。