毎朝のお願いごとより愛子さまを想う

Post's thumbnail

私は毎朝のように、無事に朝を迎えることができましたら、布団の中で、

「天皇陛下、愛子さま、皇室の皆さま、ご先祖様のおかげで今日も無事、

朝を迎えることができました。ありがとうございます。

明日も無事、朝を迎えることができますように。

それから今すぐにでも愛子さまが皇太子になられますように。」

等々、心の中でお願い事などしてから、家事などに取り掛かります。

しかし、家事などの取り掛かっていても、ふと、不安になり、手を止めて

しまうことがあります。

それは、天皇陛下や愛子さまのことを考えている時です。

天皇陛下のお子様の愛子さまが、女性という理由だけで

現在の皇室典範では皇位を継ぐことが許されていません。

このことは、天皇陛下も不安なことではないかと拝察しております。

祭祀も一子相伝だそうで、年齢が早いうちに覚えるのに越したことは

ないと思います。

安定した皇位の継承のため、一刻も早く愛子さまが皇太子、そして天皇になられ

更に、女性皇族の方も宮家の当主になることができるように

皇室典範の改正を私たち国民一人一人が声を出し、身近な人へも伝えて参りましょう!

文責 秋田県 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    れいにゃん

    2021年4月1日

    すごくわかります。生活のそこここで、皇室に繋がる(八百万の神に繋がる)何かを感じることありますよね。その存続が危ぶまれる現状に、上皇陛下も天皇陛下もどんなにお悩みになられていることか…。きっとよい道筋とつけられるよう、祈りと行動を続けましょう。

    ろく

    2021年3月28日

    本当に本当にその通りです。
    私は、部屋にお伊勢さんの内宮で買ったお守りを祀っています。
    毎日毎日、愛子さまが皇太子になられますよう、日本をお導き下さいとお祈りしています。

    まー

    2021年3月28日

    寝ても覚めても皇室のことを考えている秋田のタカさんは、いつも国民を想っていただいている皇室の方々と相思相愛ですね。
    1人でも多くの国民が相思相愛になれますように。

    ダダ

    2021年3月28日

    皇位継承の問題については上皇陛下が夜眠れなくなるほどのお悩みだったと、当時の侍従長(渡邉氏)が著書に記しています。
    今もそのお悩みは解消されず、今上陛下もお悩みのことと拝察します。
    皇室典範を改正し、安定的な皇位継承を実現しましょう!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。