400年前の江戸城の石垣発見は何かの暗示!?

Post's thumbnail

皇居・東御苑の発掘調査で、約400年前の1610~1620年頃に造られた可能性がある石垣が発見されました。

天皇皇后両陛下と愛子さまも、改修中の旧吹上仙洞御所ご訪問の際に、江戸城の石垣もご覧になったそうです。

そこで、400年前の皇室はどうだったのかなと振り返りますと、108代後水尾天皇が在位していた頃になります。

その次の109代は明正天皇になりますが、859年ぶりの女性天皇誕生でした。

私はこの事実を知って、石垣の発見はある種の神託ではないかと思いました。

つまり、「次の天皇は女性だ」という神のお告げです。

私の解釈はさておき、明正天皇の例からも、

かつては女性にも皇位継承が認められていました。

しかし、現在は男性のみとなっています。

一方、日本の歴史を振り返っても、男女平等が叫ばれるご時世を鑑みても、

女性天皇を可能にするというのが自然なのではないかと思います。

安定的な皇位継承という観点からも、女性天皇も女系天皇も女性宮家も

すべて肯定するという決断が今まさに必要です。

文責 愛知県 I.Y.

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    基礎医学研究者

    2021年5月5日

    貴重な情報、ありがとうございました(1610~20年ころということは、まだ消失前の江戸城の時代で、徳川家康も存命の頃でございますね)。そして、I.Y様のご神託、なかなか興味深いです。ともあれ、本来の日本の歴史・伝統にそった皇位継承がされることを切に願います。

    ダダ

    2021年4月29日

    象徴天皇に性別は関係ありませんよね。
    皇室典範改正を求めていきましょう!

    ねこまる

    2021年4月28日

    I.Y.さんにとっての神託が「石垣の発見」なら、自分にとっての神託は「愛子さまがお産まれになった事」です。
    皇室典範の改正が今だなされない事が不思議でなりません。
    1日でも早い決断を望みます。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。