眞子さまと小室さんバッシング

Post's thumbnail

自分は眞子さまと小室さんが無事に
結婚出来ることを切に願っています。


眞子さまは一般の国民が享受している自由が制限されている中で小室圭さんという本当に心から愛する人に出会えたんです。それを週刊誌報道などの真偽不明の情報を鵜呑みにして、眞子さまには相応しくないからと二人を引き離そうとするだなんてあまりにも残酷ではないかと思います。


ご結婚はそもそも大衆の考えなど関係なく
眞子さまと小室さんの考えが一番重要なのです。


去年から今年にかけてより小室さんや眞子さまに対するバッシングがさらに酷くなっています。このバッシングは今回は女性皇族と民間の男性の話ですが男性皇族、つまり悠仁さまと民間女性の場合にも週刊誌やマスコミは同じように過去をほじくり出して民間女性に対する誹謗中傷やプライバシー侵害のバッシング報道を行うと考えられます。こんなバッシングを続けていけば皇室に嫁ぐ女性がいなくなり、皇室を存続の危機に陥らせることになると分からないのでしょうか。

眞子さまと小室さんの結婚に口出しする大衆は絶対に愛子さまや他の皇族方のご結婚にも口を挟んで妨害するのは目に見えており、結婚相手を見つけることがより難しくなるのは確実です。

小室さんバッシングを行う大衆たちによって皇室の未来が閉ざされてしまう前に、これからもずっと声を上げ続けて、皇室バッシングに対する反対の意思表示を示していきたいと思います。

(メールより)文責 おはぎと抹茶

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    基礎医学研究者

    2021年5月5日

    基本的には、おはぎと抹茶様のおっしゃられる通りかと思います。あえて言いますが、このようなことが改まらないならば「皇室はあまり開かれていない方がやはり良いのでは」という気分になってきますかね。ただ、自分の理解では「皇室」≒日本の歴史のはずで、それは我々国民にも共有されているだろうと。そうであるのならば、聖域にいらっしゃる「皇族」の方々とそうでない「国民」間の扱いの区別はあっても良いのではないかと思いました。

    ねこまる

    2021年4月28日

    小室さんバッシングは、それだけ国民にとって女性宮家がリアルだからでしょう。
    「太陽のように」と女が言えば「月のように」と男が返す。
    こんな知的な男女の恋は、応援するしかありません。

    タルト

    2021年4月27日

    日テレの報道によれば、元婚約者は小室佳代さんと解決金の交渉をしたいとの意向を示しましたが、佳代さんは体調が悪く長期間の入院中とのことです。一般女性である佳代さんが、心無いバッシングにどれほど傷つき、恐れおののき、苦しまれたかと思うと、本当にお気の毒に思います。分かる人はちゃんと分かっています。佳代さんは少しも悪くありません。私たちは眞子様と圭さんのご結婚を心から祝福しております。佳代さんも、お心安らかに静養され、一日も早く回復されるようにと、お祈り申し上げます。

    ダダ

    2021年4月27日

    仰る通りです。
    皇族として立派に公務を果たしてこられた眞子さまに対して、この仕打ち。
    外道としか言いようがありません。

    どのような時にも国民と共に在り、相たずさえてこの国の未来を築いていく。
    この上皇陛下の願いを忘れてはいけませんよね。みんなで皇室を支えていきましょう!
    投稿ありがとうございました。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。