千秋公園より愛子さまを想う

Post's thumbnail

3月29日にテレビを見ていると、秋田市の千秋公園の周辺で、シルバー人材センターのお年寄りたちが清掃活動を行ったことがわかりました。

桜の名所としても知られる千秋公園は、の見ごろの時期に合わせて「桜まつり」が開かれ、多くの人たちでにぎわいますが、新型コロナウイルスの影響で、去年に続いて今年も中止が決まってしまいました。

千秋公園の千秋という言葉を聞くと、私は四字熟語の一日千秋という言葉を思い浮かべます。

愛子さまが皇太子になり、そして天皇になられることを一日千秋の思いで毎日を過ごしています。

それと本来、皇室の家法である皇室典範を天皇陛下にお返しし、陛下と陛下の信頼される世の中を総合的に詳しい方々で話し合い、皇室をその時代その時代にあった皇室になるようにして頂きたいです。

それから、愛子さまのお子様が長子優先で性別を問題とせず、皇位を継ぐことができ、更に、女性が当主の宮家も創設できるように、私たち国民が身近な人たちと一緒に声を出していきましょう!

文責 秋田県 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

1 件のコメント

    ダダ

    2021年5月1日

    愛子さまがお生まれになってから20年目を迎えます。
    しかし、皇太子不在の時代が来ることが分かっていながら、この問題が決着していません。
    双系継承と女性宮家が実現しないと、皇室消滅は時間の問題です。
    皇室典範改正の機運を盛り上げていきましょう!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。